困った連中

<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧




大阪入管も毅然たる対応へ(2)

大阪入管も毅然たる対応へからの続きです。

2012年4月4日も同入管は引き続き毅然たる姿勢を示し、連中を庁舎内に立ち入りさせなかったようです。

大阪入管に上陸拒否されたチーム斉くん ‐拡声器を使って入管職員とお話してきましたの巻 こちらby wochakai

参考までチーム関西による動画紹介からも貼っておきましょう。
4月4日 シーシェパードの入国についての質問書パート2、大阪入管②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17457514
[PR]



by antiracist | 2012-04-06 00:44 | 動画配信が主目的?

日本会議の本質を知れ@公明党

2012年3月31日付公明新聞です。
---------------------------------------------------------
領海警備強化の法改正など対応

                        赤松氏
公明党外交安全保障調査会の赤松正雄衆院議員は30日、衆院第1議員会館で開かれた日本会議と日本会議国会議員懇談会が主催する「尖閣を守れ 領海警備の強化を求める国民集会」に出席し、あいさつした。
赤松氏は、漁船衝突事件を発端とした尖閣諸島をめぐる中国の対応を「厳しい振る舞い」とした上で、領海警備を強化する海上保安庁法と外国船舶航行法の改正案の早期成立などに向け、「しっかり心を合わせて対応していきたい」と述べた。

こちら
---------------------------------------------------------
日本会議については当カテゴリ:創価よ、怒れ!およびカテゴリ:日本会議を名乗る集団の各欄を見られたらわかっていただけるものと察しますが、公明党はあまりにお人よしです。同会議からの見返りなどまずは考えられないことです。同会議関係者はさぞかし腹の中でほくそえんでいることでありましょう。同会議に関する限り公明党はどこまでもGIVE AND GIVEですから利用する側としては笑いもとまらないことでありましょう。

また領海警備強化の観点からみても逆効果は明白ですね。この問題は相手国抜きでは考えられません。
そして日本会議の南京大虐殺や従軍慰安婦問題等の歴史認識の改ざん・矮小化へ向けた世論誘導の取り組み等を考えても同会議が騒げば騒ぐほど中国は態度を硬化することは明白です。
たとえ法改正ができた場合でも実効が伴わないことには意味がありませんね。同会議の手法では領土問題が平和的に解決することなど夢のまた夢。日中関係はさらにどうしようもない暗礁に乗り上げ続け修復不可能なまで膠着状態が続いてしまいましょう。公明はそのあたりを考えれば同会議と心を合わすのではなく、これまで同党が懸命に培ってきた様々な友好的パイプを使って同会議的な独りよがりな国家主義的なるものを排除した形で進めていくべきではないでしょうか。いわゆるそれらの総称とも言うべき「金の橋」こそ領土問題解決のための不可欠な要素なのです。そうすれば自ずとまともな賛同者は党派を超えて集まってもきましょう。

公明党の赤松氏は昨年11月にも都内砂防会館で開かれた同会議主催の「尖閣諸島を守る全国国民集会」に参加され賛辞を述べられていますが、党内役職上の行動からの外交儀礼とはいえ長年、同党の理念や歴史の尊重、信義を重んじる健全な国際感覚を知っている者からすれば大きな違和感はぬぐいきれません。
また公明党本部やその周辺へ稚拙な街宣でひんしゅくを買った「桜ちゃんねる」や同党のみならず支援団体までターゲットに粗暴なネガティブキャンペーンを行った在特会・チーム関西系等と日本会議の関連などを鑑みればますます違和感は敷衍されましょう。

ちなみに日本会議の体質や関連集団や系列議員の行動や意識を知ったある同党国会議員事務所も同会議地方組織主催の「建国記念の日奉祝行事」への来賓出席を今年から見合わせています。
公明党本部も当該の議員事務所に習い野合とも揶揄されかねない同会議会合への来賓参加は将来をも含めた国益のためにも健全な日中友好促進のためにも断固中止して然るべきでありましょう。

甘い認識(1)遠山清彦衆議院議員(公明)
※2012年4月19日追記
その通り!死の商人(4)
[PR]



by antiracist | 2012-04-05 00:53 | 創価よ、怒れ!

メディアの敗北か

「メディアの敗北」を意味した原発報道~佐高信氏インタビュー(4)

(略)
やらせメール問題に端を発する、一連の九州電力・松尾新吾会長と眞部利應社長の発言もスポンサーである自信からくるものです。マスコミなど全く恐れていない傍若無人ぶりです。さらに、大新聞の経済記者を接待漬けにしている自信があります。完全にメディアを舐めています。私の長い経済記者の経験をもってしても、東京電力や九州電力の今回の対応は特にひどいといえます。
(略)

こちら※2012年3月 7日(NetIB-NEWS)
なるほど、最初から記者たちを手なずけているということでしょうか。

経済記事ならずともさしずめ提灯記事といったところかもしれませんね。
九電・松尾会長に仏最高勲章 福岡
こちら※2012.3.30(産経)
日本に良識取り戻そう 日本会議福岡、松尾会長就任記念大会開催
こちら※2011.10.17(同)
されば
ドサクサで経営陣の続投を決定!本物の"ワル"は九州財界を牛耳る松尾会長だ
こちら※2011/10/17(日刊ゲンダイ)
のような論難も当然ながら起こってきましょう。

白眼視をものともしない恥知らずな図々しさは天下一品かもしれませんが、不特定多数による彼への軽蔑は末代まで語り継がれていくのかもしれません。持ちつ持たれつとの指摘が事実であるなら、一部メディアもまたしかりではないでしょうか。
[PR]



by antiracist | 2012-04-04 00:14 | 日本会議福岡会長等

批判3欄@松尾新吾九電会長(当時)

九州電力の定例記者会見に初参加 松尾新吾会長の開き直りにあぜん
こちら※2011年 7月 29日(THE INCIDENTS)

玄海原発再開が最良=九電会長松尾新吾~反省の色まったくなし
こちら※2011-07-09 (渡世人のひとりごと-原発のない日本を夢見て)

原発の再開遅れを「風評被害」と発言 九電会長・松尾新吾~最低のゲス野郎です!
こちら※2011-07-01 (同)
[PR]



by antiracist | 2012-04-03 00:00 | 日本会議福岡会長等

自分のことは棚に上げ(苦笑)

前欄に続きかの御仁関連です。

九電会長に就任したばかりの他人の将来についてはあれこれ言いいながら「指定席」として九州経済連合会会長に就任した御自分はどうなのでしょう。よくもぬけぬけと言えたものです。鉄面皮の耄碌爺さんといったところでしょうか。
---------------------------------------------------------
「九電の指定席ではない」 九経連会長職めぐり松尾氏言及

(略)
「貫理事が将来、九経連会長にふさわしい人になるかどうかはこれからの問題。今は分からない」と語った。松尾氏の任期は来春までで、「特に農林漁業を発展させたい」と意欲も示した。
(略)
大きなウエートを原子力が占めるべき」とし、原発再稼働の必要性を強調した。
こちら2012年03月31日(佐賀)
---------------------------------------------------------
そもそも競争を経験したことのない超独占企業の親分が市場原理でもまれる各企業の集合体たる経済団体の長に就く指定席自体がおかしなことです。あまつさえ健忘症よろしく「自分は特別。指定席ではないのは次の人から」(趣意)とは末期症状も甚だしいものと思われます。このような方が率いる経済団体も付和雷同のイエスマンぞろいであることは推して知るべしですね。
九電相談役及び九経連トップとして強調する原発再稼動の必要性も所詮はわがままな耄碌爺さんのたわごととして受取らざるを得ないシロモノなのではないでしょうか。
[PR]



by antiracist | 2012-04-02 02:56 | 日本会議福岡会長等

老醜の言い訳

報道によると、先月31日付で九州電力会長の座を世論から石もて追われたとの表現がピッタリとも思われる同社相談役にして九州経済連合会そして日本会議福岡の会長でもある松尾新吾氏は今になってやっと在任時の「紹介」行為への非を認めたようです。
ただし、「口利き」行為に関してはいまだにみっともない言い訳に終始しているようですね。加えて例のヤラセ問題については何か反省の弁はなかったのでしょうか。

それから現福岡県知事後援会会長問題も自分から辞めようとせず、すべて相手側(知事)のせいにする姿勢も日本会議でわが国の美徳とやらを称賛する人間の所為とは到底考えらないことです。
-----------------------------------------------------
九電会長 親族会社紹介「反省点ある」 

(略)
ゼネコンへの仲介について「口利きをして利を図ろうという気持ちは強くなく、自分の知っている範囲の情報提供という気持ちだった」と述べ、あらためて「口利き」は否定した。
(略)
一方、松尾氏は昨年から務める小川洋・福岡県知事の後援会長職について現時点での退任を否定した。しかし、全国的には電力会社と地方自治体との不透明な関係が指摘されており、「知事らと今後話す必要はある。向こうがふさわしくないと言うなら退くことはやぶさかではない」と述べ、知事に対応を委ねる考えを示した。
こちら※2012年3月31日 (西日本)
-----------------------------------------------------
かかる人物をいまだにトップや相談役におく企業や団体等の見識が疑われることは言うまでもありますまい。

次欄「自分のことは棚に上げ(苦笑)」へと続きます。
[PR]



by antiracist | 2012-04-01 19:51 | 日本会議福岡会長等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧

検索

mail

画像一覧