困った連中

<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧




徹底究明されるべきは自身の出自・経歴

在特会の偽名会長によると彼の叔母は創価学会の「広告塔」だそうです。
その叔母さんについて例によって根拠不明な話を語っていますが、偽名による欠席裁判は見るものの嘲笑を買うだけでありましょう。

東村山女性市議・朝木明代さん謀殺事件の徹底究明在特会(在日特権を許さない市民の会)会長・桜井誠氏の挨拶
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=hQ75ZIiN-5Y


それにしても徹底究明されるべきは言いがかり的な刷り込みを繰り返す会長自身の出自や経歴ではないでしょうか(笑)

創価よ、怒れ(3)
[PR]



by antiracist | 2011-09-30 00:00 | 創価よ、怒れ!

動画の無断録画・配信・開き直り@広島市庁舎にて

先月4日にも在特会長率いるグループは街宣後、広島市役所に押しかけ同市当局との話し合いの模様を許可なく録画録音しそれをネット中継しています。

【在特会】原発を守ろう! 核武装推進! 街頭演説会 in 広島 (番組ID:lv58125883)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58125883?ref=ser


録音録画に許可がいる理由は話し合いの際にどうしても第三者の固有名詞や行動等が出てきてプライバシー等にも抵触するからです。決して肖像権を理由に禁じているわけではないことは明白と思われます。

広島市当局によると、話し合いが終わった頃、連中による無断動画撮影に市も気づき、同日中に同市内に滞在中の在特会長に当該の動画を削除するよう市として文言にて申し入れたようですが、同会長からの電話返答は虚勢よろしくの強い開き直りだったようです。
翌5日に平和公園で前日の話し合いにおける市側の代表者(課長)が会長を見かけ再度、削除を要請されたそうですが、案の定例の調子で取り付く島もなかったとか。この偽名の会長は盗撮という言葉を知らないのでしょうか?あまつさえ無断配信がある分、より悪質ではないでしょうか?
ものの常識という事を知らないと思われる方々への同市の苦笑ぶりも容易に察せられましょう。

※2011年12月27日追記
大東市の毅然たる姿勢に拍手!
※2012年4月7日追記
川崎市も毅然たる対応(1)
※2012年7月24日追記
広島市は今回も毅然たる姿勢を示しました
[PR]



by antiracist | 2011-09-29 00:00 | 動画配信が主目的?

さらしもの@hate speech

「在特会/チーム関西のレッド・オクトーバー」
こちら※三羽の雀日記サイトより

小学生の方がはるかに上(苦笑)
[PR]



by antiracist | 2011-09-28 00:00 | 別サイト各位様の連中批判

問われる公安の姿勢

「警察の姿勢があちこちで問われた9・11【追記あり】」
こちら※「三羽の雀の日記」より

「週刊金曜日で鈴木邦男氏が証言した「在特会と公安警察は一体」というのがよくわかった、9.11新宿デモ逮捕劇!(日々坦々)」
こちら※「阿修羅」より


公安(警視庁)は上記のような批判が今後は絶対に出ないよう襟を正して公正に業務を遂行していかなければなりません。他の道府県各警察本部も同様です。

※2011年10月1日追記
警察の醜態
[PR]



by antiracist | 2011-09-26 00:00 | 警察はヘイトのガードマン?

画像は語る@日本会議の属性

そういえば「チーム関西」の活動家メンバーの方は日本会議国会議員懇談会会長の平沼赳夫氏を塾長とする「たちあがれ日本青年部かけはし塾」の第一期卒業生でもあるようです。
http://blogari.zaq.ne.jp/otsuru/article/1929/
(画像あり)

ここにも日本会議の属性が如実に示されているのではないでしょうか?

(参)
こちら※「三羽の雀の日記」より
こちら※「凪論」より
[PR]



by antiracist | 2011-09-25 00:00 | 日本会議関連

語るに落ちた(2)日本会議

「語るに落ちた@日本会議」からの続きです。

ビデオ流出事件といえばやはり自らの不祥事で自衛隊に大迷惑をかけ退職した元航空幕僚長(核武装推進論者)も日本会議からヨイショされ各地で同会議等主催での大物ぶったような講演を行い心ある人々からひんしゅくをかっています。
この御仁もビデオ流出実行者を実質、擁護・弁護しているようですが、双方とも公務不祥事という言わば同病相哀れむから由来した擁護でしょうか(笑)
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10706376846.html
そしてなかよく日本会議に雇われての講演会活動ですか。公務不祥事が売名に寄与とはひょうたんに駒だったのかもしれませんね。

公務不祥事の肯定にもつながる日本会議の講師選定一つ見てもはやはり同会議の本質が語るに落ちているのではないでしょうか。

※元航空幕僚長の自衛隊在職時の不祥事については
「田母神事件①」
http://himadesu.seesaa.net/article/109247840.html
及び同頁次欄「同②」御参照。

ねじれた推薦・支持@公明→日本会議系列

追記
メディアの後援責任@住吉会関係者関与
[PR]



by antiracist | 2011-09-24 00:00 | 日本会議関連

語るに落ちた@日本会議

日本会議については当ブログカテゴリ創価よ!怒れ!の各欄にてそのゆがんだ国家主義的な属性や政治家への取り込みについて思うところを記しています。

さて「チーム関西」ですが、その活動家メンバーのHPからのリンクを見るとなんと昨年11月、公務員にあるまじき問題を起こして翌月退職に追い込まれた元海上保安庁職員を講師とする日本会議主催の講演会紹介です。講演タイトルも武勇伝よろしくです。早速、同会議本部HPで確認してみますとやはり同様でした。
日本会議大阪中河内支部講演会

と き:平成23年9月18日(水) 午後2時~3時半
(略)
演 題: 「日本領土の危機-元海上保安官のたった一人の戦い」
講 師: 一色正春氏(元海上保安官)
http://www.nipponkaigi.org/event/archives/2923

日本会議はどうして彼が海上保安庁に居れなくなった理由をよく分かった上での開き直り選定とも思われましょう。同会議の属性を象徴する語るに落ちた講師選定ではないでしょうか。

尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%98%A0%E5%83%8F%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

創価よ、怒れ!(10)烏合の共闘?

※24日付次欄「語るに落ちた(2)日本会議」へと続きます。
[PR]



by antiracist | 2011-09-23 00:00 | 日本会議関連

甘い認識(2)政府の出席拒否は当然

「甘い認識(1)遠山清彦衆議院議員(公明)」からの続きです。

公明新聞2011年2月4日付によると遠山議員は同月3日の衆議院予算委員会にて、政府民主党が当該の記念式典に参加しなかったことを「地方軽視」と強く批判していますが、同式典を強く宣揚している民間団体の連中の日ごろの主張や方法論のことを鑑みれば政府与党の出席拒否は至極当然でしょう。
石垣市によると民主党からは電報やメッセージもなかったそうですが、これも当然です。国家主義的強硬論に少しでも与する姿勢を見せることは領土問題の解決に寄与するどころか逆効果にもなりかねません。

私は別に現民主党政権を支持しているわけではありません。むしろ批判的です。しかし、この時の政府同党の対応はまさしく妥当であったものと考えざるをえません。

「語るに落ちた@日本会議」へと続きます。
[PR]



by antiracist | 2011-09-22 00:00 | 創価よ、怒れ!

甘い認識(1)遠山清彦衆議院議員(公明)

名目はともかく実質上は日本会議等の民間団体が尻馬に乗っていると思われる決起大会よろしくの記念式典に公明党の遠山清彦衆議院議員が参加していたことは、現状での同党の同会議に対する甘い認識を象徴しているのかもしれません。

[石垣現地レポート]尖閣諸島開拓の日記念式典が盛大に開催さる!

http://www.nipponkaigi.org/activity/archives/1967

たとえタテマエは石垣市が主催であっても、実質どこが宣揚しているかを鑑みれば遠山氏は出席すべきではありませんでした。
ただやみくもに領土について両国がいがみあう姿勢であるなら公明党の政策や理念に合致しないのではないでしょうか?日本会議の主義・主張がどういうものでどんな連中が主導・構成しているかを遠山氏が知らないわけでもありますまい。また例えば同会議と、公明党本部やその周辺あるいは支援団体へのいやがらせ的な街宣や刷り込みをして憚らない連中等とのつながりは御存知なのでしょうか?それらは現在でもネット動画を通して連日閲覧可能な状態であることも御存知なのでしょうか?両信濃町を誹謗中傷するその他の集団や個人との関連性については?

公明政治家としての日本会議が強く推す式典出席には遠山氏もさすがに内心引っかかるところがあるのか、自己のHPにて弁明めいた文章を述べておられます。
「日本会議」と一致するもの
沖縄県民大会に参加 

こちら
しかしこの文章では私が当ブログ当カテゴリにて指摘している問題はなんら解決していません。またタイトルとは裏腹になぜ同会議の色彩が色濃く反映している記念式典に出席したのかは全く曖昧です。公明党の理念や政策との整合性についても言及しているとは思えません。また、9万人も集まったという4月25日の読谷村での普天間基地の県外・国外移設を求める沖縄県民集会と、300人集まった日本会議主導と思われる記念式典が明確に区別されて書かれていないのも気にはなるところです。両者は趣旨も方法論も水と油の如くまったく違い、前者が後者式典と一致するというのであれば不可解にもほどがあり、また同会議等の排外的気勢が遠山氏や公明党の思想と一致する部分があるとも到底思われず、畢竟この文章は遠山氏の同会議主導した式典参加への言い訳にすらなっていません。

無論、私が言うところの「困った連中」とは公明党や遠山氏などの同党議員ではなく、彼らをあつかましくも利用しようとしている勢力です。公明党は現状の矛盾を速やかに掌握のうえ全党的に日本会議やその賛同勢力との決別を促進していかなければなりません。

※2011年9月22日追記
甘い認識(2)政府の出席拒否は当然
※2012年4月5日追記
日本会議の本質を知れ@公明党
[PR]



by antiracist | 2011-09-21 00:00 | 創価よ、怒れ!

公明は「どっちをとるのか?」と強く迫れ!(1)

今月13日付創価よ!怒れ(8)不可解な推薦・支持において日本会議国会議員懇談会について言及しましたが、同会の下山博文幹事長(自民)が公明から支援されていることが、あまりにもお人よしの公明を象徴しているのではないでしょうか?
しかし推薦や支持をするからには日本会議やそこが賛同する諸団体の政策や振る舞いを鑑みれば矛盾は顕著です。あまつさえ当ブログでもるる言及している両信濃町(公明・創価)への水面上下での批判・誹謗・中傷のことを鑑みれば選挙支援は同党支援者への背信にもつながらないでしょうか?

私は自公の選挙協力が絶対的に悪いと言っているのではありません。ただし、それをするのであれば日本会議国会議員懇談会あるいは同会議地方議員連盟に所属している候補者には「日本会議をとるのか公明をとるのか!」二者択一を迫るべきです。
おそらくはただ当選したいだけの彼らの圧倒的多数派は躊躇なく公明を選択すると思います。各選挙区内で日本会議を構成する新興宗教団体信者等の数と創価・公明の関係者数を比べれば理由は歴然としていますね。また、それで数少ない日本会議の影響を受けた有権者が己の陣営以外に投票することもないことは同会議系候補者連中も計算済みでありましょう。

公明党は日本会議の力を過大評価して奇妙な選挙支援に代表される卑屈な行動をとるのではなくもっと自力を確信し正々堂々と内外に毅然たる態度を示さなくてはなりません。そうすれば現在の理不尽など自然に解決していくことは明白と思われます。

※2011年10月6日追記
実質、公明党攻撃(1)日本会議決起集会
※同年10月19日追記
歴史認識でも超えられない壁
※同年10月20日追記
公明は「どっちをとるのか?」と強く迫れ!(2)
[PR]



by antiracist | 2011-09-20 00:00 | 創価よ、怒れ!

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧

検索

mail

画像一覧