困った連中

カテゴリ:創価よ、怒れ!( 55 )




日本会議の本質を知れ@公明党

2012年3月31日付公明新聞です。
---------------------------------------------------------
領海警備強化の法改正など対応

                        赤松氏
公明党外交安全保障調査会の赤松正雄衆院議員は30日、衆院第1議員会館で開かれた日本会議と日本会議国会議員懇談会が主催する「尖閣を守れ 領海警備の強化を求める国民集会」に出席し、あいさつした。
赤松氏は、漁船衝突事件を発端とした尖閣諸島をめぐる中国の対応を「厳しい振る舞い」とした上で、領海警備を強化する海上保安庁法と外国船舶航行法の改正案の早期成立などに向け、「しっかり心を合わせて対応していきたい」と述べた。

こちら
---------------------------------------------------------
日本会議については当カテゴリ:創価よ、怒れ!およびカテゴリ:日本会議を名乗る集団の各欄を見られたらわかっていただけるものと察しますが、公明党はあまりにお人よしです。同会議からの見返りなどまずは考えられないことです。同会議関係者はさぞかし腹の中でほくそえんでいることでありましょう。同会議に関する限り公明党はどこまでもGIVE AND GIVEですから利用する側としては笑いもとまらないことでありましょう。

また領海警備強化の観点からみても逆効果は明白ですね。この問題は相手国抜きでは考えられません。
そして日本会議の南京大虐殺や従軍慰安婦問題等の歴史認識の改ざん・矮小化へ向けた世論誘導の取り組み等を考えても同会議が騒げば騒ぐほど中国は態度を硬化することは明白です。
たとえ法改正ができた場合でも実効が伴わないことには意味がありませんね。同会議の手法では領土問題が平和的に解決することなど夢のまた夢。日中関係はさらにどうしようもない暗礁に乗り上げ続け修復不可能なまで膠着状態が続いてしまいましょう。公明はそのあたりを考えれば同会議と心を合わすのではなく、これまで同党が懸命に培ってきた様々な友好的パイプを使って同会議的な独りよがりな国家主義的なるものを排除した形で進めていくべきではないでしょうか。いわゆるそれらの総称とも言うべき「金の橋」こそ領土問題解決のための不可欠な要素なのです。そうすれば自ずとまともな賛同者は党派を超えて集まってもきましょう。

公明党の赤松氏は昨年11月にも都内砂防会館で開かれた同会議主催の「尖閣諸島を守る全国国民集会」に参加され賛辞を述べられていますが、党内役職上の行動からの外交儀礼とはいえ長年、同党の理念や歴史の尊重、信義を重んじる健全な国際感覚を知っている者からすれば大きな違和感はぬぐいきれません。
また公明党本部やその周辺へ稚拙な街宣でひんしゅくを買った「桜ちゃんねる」や同党のみならず支援団体までターゲットに粗暴なネガティブキャンペーンを行った在特会・チーム関西系等と日本会議の関連などを鑑みればますます違和感は敷衍されましょう。

ちなみに日本会議の体質や関連集団や系列議員の行動や意識を知ったある同党国会議員事務所も同会議地方組織主催の「建国記念の日奉祝行事」への来賓出席を今年から見合わせています。
公明党本部も当該の議員事務所に習い野合とも揶揄されかねない同会議会合への来賓参加は将来をも含めた国益のためにも健全な日中友好促進のためにも断固中止して然るべきでありましょう。

甘い認識(1)遠山清彦衆議院議員(公明)
※2012年4月19日追記
その通り!死の商人(4)
[PR]



by antiracist | 2012-04-05 00:53 | 創価よ、怒れ!

洋品店『表敬訪問』事件(3)

洋品店『表敬訪問』事件(1)の関連です。

以下は「凪論」様の本日付での御意見です。

月刊TIMES1月号宇留嶋瑞郎氏の記事を読む ~莫大な損害賠償を強いられることとなったいわゆる「行動する保守」~
こちら

この街宣に関与した自称?「行動する保守」はブティック店主である女性(※しかもこの方は創価学会員ではないそうです)に謝罪されることが人間の道義として強く望まれるものと思えてなりません。

★追記(2014/3/2)
洋品店『表敬訪問』事件(4)メディアの検証
[PR]



by antiracist | 2011-12-25 23:32 | 創価よ、怒れ!

公明支援者の自宅前にて

YOUTUBE動画
http://www.youtube.com/watch?v=dR1B0o7Xfw4

いろいろ調べてみました。先の参議院選挙の前後の時系列でしょうか。
その家の前の看板は淀川区選出の公明党所属の大阪市議の方のお名前です。
ちなみに上記動画には刷り込み街宣には毅然たる措置を!(2)の動画の人物もいるのではないでしょうか。
なお冒頭の動画リンクですが、タイトルは右翼が不法侵入で現行犯と出ていますが、この件で逮捕者が出ているとは聞いていません。

それにしても警察の弱腰対応も気になるところです。

※次欄「事なかれ主義?公安」へと続きます。

追記
卑劣!自宅街宣
[PR]



by antiracist | 2011-12-07 00:00 | 創価よ、怒れ!

洋品店『表敬訪問』事件(1)

刷り込み街宣には毅然たる措置を!(1)等からの続きです。

>桜井誠氏、創価学会&東村山市議会議員怪死事件を一刀両断
http://www.youtube.com/watch?v=fNSuioKTrUk
>9.1東村山駅前街宣活動その1
http://www.youtube.com/watch?v=T6t6N3nTuCM

私見では創価学会への明確な謝罪がない限り同会は何らかの措置を講じることが必要と考えます。

さて、東村山市での出来事と桜井誠在特会会長との関連を補足しておきましょう。
洋品店『表敬訪問』事件(まとめWikiより)
店の前でしょうか、しっかり在特会の桜井会長の姿も出ています。
こちら
(略)
朝木直子市議と矢野穂積市議の参加までに時間があったため、街宣の参加者の中から万引き被疑事件の現場となった洋品店を視察しようという声が上がった。そして、西村修平氏、桜井誠氏、まきやすとも氏、及び、中田聡氏らが、万引き被疑事件の現場となった洋品店を視察した。このとき、洋品店には千葉元副署長が待機しており、洋品店を視察した西村修平氏らとの間でトラブルが発生した。

西村修平氏、桜井誠氏らは、この事件を 「表敬訪問」 と表現している。
一方、西村修平氏、桜井誠氏を批判する立場にある人々(荒井禎雄氏、松沢呉一氏ら)は、この事件を 「襲撃」 と表現している。
(略)


よほど筋違いな自宅街宣あるいは職場街宣の好きな連中のようです。しかも洋品店の方は女性お一人であるとも聞いています。千葉氏がガードに入ることは何らおかしなことではありません。むしろ、警察を退職しても在職中かかわりのあった市民を守ろうとする御姿勢は賞賛すべきことです。
それにしても連中の蛮行、時が経てば許される行為ではないことは論を待たずではないでしょうか!

※翌日付「洋品店『表敬訪問』事件(2)」へと続きます。

※2011年12月25日追記
洋品店『表敬訪問』事件(3)
[PR]



by antiracist | 2011-12-05 00:00 | 創価よ、怒れ!

「日本会議の主張」

「日本会議の主張」にて市民を「プロ市民」と蔑称したり、あまつさえ自らと意見が違うであろう宗教を信仰する人々を民衆ではなく信者と決め付ける如きの主張をされている大学教授がいらっしゃるようです。その八木教授は日本教育再生機構なる団体の理事長さんでもあります。
------------------------------------------------------
(略)
ここでいう「民」とは即ち「市民」ということで、「市民が主役」などと民主党はよく言うわけですが、問題は、官僚に代わってこの「新しい公共」の担い手となる「市民」とは、誰のことなのかということです。よく創価学会が”民衆”という言葉を使いますが、あれは文字通りの民衆ではなく、創価学会の信者のことをいう。
(略)

http://www.nipponkaigi.org/opinion/archives/1386

この方は義家弘介参議院議員(自民)からの発信によると戦前の従軍慰安婦や強制連行等、軍国主義がもたらした歴史の負の事実は捏造等との発言もされているようですね。
------------------------------------------------------
(略)
八木理事長は、「教科書議連の活躍により『従軍慰安婦』という言葉は教科書から無くなったが、今度は朝鮮人を強制連行したとするような事実に反する記述が小学校教科書において前面に出てきた」と述べて、新たな改悪の箇所について指摘しました。
(略)

http://yoshiie-hiroyuki.com/i-info/inf/inf.cgi?cm=2&mode=detail&year=2011&no=904
------------------------------------------------------
義家議員が日本会議国会議員懇談会 に属されていることは言うまでもありません。

ヒロシマ読本(3)公明党の面目躍如!
[PR]



by antiracist | 2011-12-01 00:00 | 創価よ、怒れ!

顧問の責任は?(2)

前欄顧問の責任は?(1)から続きます。

この時、「主権回復を目指す会」の会長一行は気に入らない市議(当時)を追って自宅街宣を行っていますね。同会はHPで誇示していますが、恥知らずとはこのことでしょうか?
http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/2010/100303.html

自宅街宣は何の関係も無い御家族や近隣者も巻き込む卑劣な手法だと思います。
日本会議地方議員連盟副会長で且つ2010年同連盟総会で会長代行にも就任したという「主権回復を目指す会」の顧問たる古賀俊昭都議はこの現実をどう考えているのでしょうか?所詮は(・・・目指す会)と同じ穴の狢なのでしょうか?

生駒市議会庁舎では公明党市議も侮辱されたようですが同党都議団も含め同党関係者は古賀顧問や日本会議にはいっそう厳しい姿勢で臨まなければなりません。

日本会議地方議員連盟副会長は顧問を続けるのか?
※2011年12月16日追記
顧問の責任は?(3 )
[PR]



by antiracist | 2011-11-07 00:00 | 創価よ、怒れ!

「チーム関西」活動家と日本会議(2)

在特会の関西における活動を実質担っているとも思われるチーム関西の活動メンバーと日本会議大阪との接点がまた明らかになりました。
件の活動家メンバーのサイト欄2011年10月30日付です。
●たちあがれ日本結党一周年記念パーティー「飛躍の集い」 ★日本会議大阪女性の会
(略)
★日本会議大阪 女性の会十周年記念講演、お手伝いをさせていただきました。

http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/1992/

公明党や同党大阪府本部等も日本会議の関連情報としてよく意識しなければなりますまい。

「チーム関西」活動家と日本会議(1)
※2011年12月12日追記
「たちあがれ日本」と「チーム関西」
[PR]



by antiracist | 2011-11-03 00:18 | 創価よ、怒れ!

刷り込み街宣には毅然たる措置を!(2)

>在特会・関西・創価撲滅・悪事はみーんな知ってるキャンペーン西村斉
http://www.youtube.com/watch?v=y1LDDCh4CLk

タイトルに出ている名前は現在、在特会の京都支部長にしてチーム関西の中心メンバーの方のようです。
投稿者がアップしたのが 2009/07/29 となっています。選挙ポスターが目立っている時期ということは選挙の時系列あるいはその前後での自動車街宣でしょうか?そういえば街宣車は最後のほうで「今年の衆議院総選挙では公明党には投票しないようにお願いします」とも依頼していますね。
学校らしき施設の前でも流し続けてていたようですが、ここまでのキャンペーンをした以上、街宣当事者は法廷にて創価学会の「悪事」「犯罪者集団」等々を証明し同会を「撲滅」すべき合理的理由を明示すべきではないでしょうか?

街宣動画は恒久性も持ちえます。おそらくはそれが連中の思惑でもありましょうが、ここまでボロクソに言われた創価学会におかれましては下記に示した八王子や東村山での在特会会長による刷り込み街宣等ともども公訴時効になる前に断固そして毅然たる措置が望まれましょう。
刷り込み街宣には毅然たる措置を!(1)

それからやはり別の問題も発生するのではないでしょうか?
選管無届(3)

※2011年12月7日追記
公明支援者の自宅前にて
※2013年4月12日追記
また刷り込み街宣ですか
[PR]



by antiracist | 2011-11-01 00:00 | 創価よ、怒れ!

隗より始めよ@野田・伊吹両議員

「公明との協力、しっかり押さえないと!」 自民税調幹部ら谷垣氏に苦言
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111021/stt11102120220004-n1.htm
2011.10.21(産経)

滑稽なことに谷垣自民党総裁に公明を重視するよう働きかけたという野田毅、伊吹文明両衆議院議員は日本会議国会議員懇談会のメンバーですね。しかもweb上で検索しても活動メンバーとも思われます。
両議員は隗より始めよで即刻、実質上の日本会議議連でもある同懇談会を脱会のうえ脱会提起に併せて再度、谷垣総裁にその持論たる公明重視を迫るべきでしょうに。

それにしても記事最後部
一方で、「次期衆院選後に自公で連立を組む考えがあるのかという姿勢で(公明党に)臨め」という強硬意見
も日本会議国会議員懇談会のメンバーの発言でしょうね。お臍が茶を沸かすとはこのことです。
[PR]



by antiracist | 2011-10-31 00:32 | 創価よ、怒れ!

同幹部と盾の会

昨日の「チャンネル桜発起人@日本会議首都圏地方議員懇談会副会長」を補足しましょう。

Wikipediaによるとくだんの日本会議首都圏地方議員懇談会副会長は1970年11月、作家三島由紀夫(本名は平岡公威)が自衛隊市ヶ谷駐屯地(現陸上自衛隊東部方面総監部)を占拠するという狼藉行為をはたらき若者とともに自決するといういわゆる三島事件後に解散した「盾の会」のメンバーであったそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E8%8A%B3%E5%AD%90

三島事件は一種の稚拙なテロ行為です。クーデターを自衛隊に呼びかけるなど反社会的行為も甚だしい蛮行でした。「盾の会」の解散は当然でありましょう。
またこの日本会議首都圏地方議員懇談会副会長は昨年11月16日、自らの後援会の名義で三島や盾の会を回想するイベントを行っています。
http://csakura.sblo.jp/article/41502608.html
はたして三島(平岡)を首領とする市ヶ谷駐屯地乱入・騒乱を悪質な犯罪行為として糾弾した内容だったのでしょうか?そうではありますまい。

そしてかかる経歴等が事実の場合、公明党は日本会議系列自民候補者を選挙支援する前に、同会議首都圏地方議員懇談会副会長という要職にこのような人物がいるということを深刻に受け取らなければならぬと思えてなりません。
[PR]



by antiracist | 2011-10-30 00:00 | 創価よ、怒れ!

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧