困った連中

カテゴリ:在特会及び関連等( 80 )




ヘイト対策の新機軸が可決!大阪市議会

全国初のヘイトスピーチ抑止条例が成立 大阪市、認定団体は名称公表
こちら産経※2016.1.15 23:09更新

条例可決はヘイト対策のへの新機軸として私も大いに是とします。
ただし次のような指摘もあります。

大阪市ヘイトスピーチ条例成立 全国初、実施団体を公表
(略)
条例に市民団体などが求めた表現規制や罰則は盛り込まれず、抑止の実効性を疑問視する声もある。 (共同通信)
こちら沖縄タイムズ※2016年1月15日 23:47

加えて連中は条例に公共施設利用への禁止ないし制限要綱がないことをいいことに臆面なく利用を申請してくる可能性もありましょう。そのあたりの補完も後手後手に回ることなく要されるのではないでしょうか。
ともあれ大阪市議会はヘイトやその類に対して毅然とした新機軸を打ち出したことは積極評価に値するものと考えます。

翌日付次欄
大阪市等は既に公共施設使用不許可は可能
[PR]



by antiracist | 2016-01-16 04:00 | 在特会及び関連等

「慰安婦写真展中止は不当」地裁

東京地裁、申し立てを認める決定!の続報です。


慰安婦写真展中止は不当
ニコンに賠償命令

こちら
2015年12月25日 17時56分(共同通信)

ニコンは既にある時点で理解されていると思っていたのですが、いずれにせよ控訴されない勇気と分別ある判断を願うところです。
[PR]



by antiracist | 2015-12-26 03:26 | 在特会及び関連等

やっと勧告@法務省

法務省、ヘイトスピーチに初勧告
在特会元代表に

こちら2015年12月22日 19時35分(共同通信)

たとえ虚勢を張り続け勧告が聞き入れられなくても、会場使用等で毅然たる対応促進のためにもどんどん強化すべしだと思います。
[PR]



by antiracist | 2015-12-23 01:45 | 在特会及び関連等

末恐ろしい「成功した差別」

子供たちの世界で時として意味もなく悪口として使われる差別語は「成功した差別」「意味を知らないから言える。発することで相手をさげすむことは知っている」との識者の指摘もあります。

うちわ話:在日特権を許さない市民の会(在特会)から襲撃を受けた… /香川
(略)
しかし、ヘイトスピーチなどが、使われなくなった差別語を再生させ、子どもたちの言葉に影響を与えることは十分に考えられる。末恐ろしい思いがした。

こちら毎日新聞 2015年11月11日 地方版

近い将来のリンク切れや閲覧字数制限が生じた際は記事の見出しや引用文を検索すれば全文は読めるかもしれません。
[PR]



by antiracist | 2015-11-16 06:50 | 在特会及び関連等

在特サイト停止さる@ニコ動

在特会のサイトを閉鎖 ニコ動、「規約違反」理由に
こちら2015/05/20 00:09 【共同通信】

停止措置は遅すぎたぐらいだと思います。


★次欄「KADOKAWAの名のしおれ」に続きます。
[PR]



by antiracist | 2015-05-20 01:41 | 在特会及び関連等

資料@異議申し立て却下

山形県の英断(4)審査請求は却下
の関連です。


在特会による異議申し立ての却下を報じる当時の新聞の記事画像です。
こちら
※画像をクリックすればより大きくなります。

(参)
こちら


★追記(2016年5月31日)
ヘイトの県施設使用を認めない@愛知県
[PR]



by antiracist | 2015-03-07 19:42 | 在特会及び関連等

最高裁も上告棄却@京都ヘイト事件

控訴棄却却@朝鮮学校への妨害行為の続報です。

最高裁への上告も棄却されました。司法による結論が出たということです。

在特会への賠償命令確定 京都の朝鮮学校にヘイトスピーチ
こちら2014/12/10 16:10 【共同通信】


報道等にある関係者のコメントを見る限り猛省や謝罪はまったくありません。
いきおい同会への毅然とした姿勢が官民問わず要されてきましょう。
たとえば施設貸し出しや公園使用等についても官民を問わずこれまで以上に厳しい態度で臨まなくてはなりません。行政への難癖めいた面談要求などなどについても同様のことがいえましょう。
[PR]



by antiracist | 2014-12-11 07:21 | 在特会及び関連等

海外進出企業の責務(2)

海外進出企業の責務の関連です。

報道によると在特会会長の辞任、退会の意向を受け同会の新会長には会長選挙に唯一立候補している副会長が就任する見通しだそうです。

在特会桜井氏が会長退任「一個人で活動」
こちら[2014年11月11日20時8分]

ブログ等はともかく著名な新聞が同会の会長人事関連を取り上げるのは不可解なことです。同紙は表面上の会勢を実態だと思っているのでしょうか。ちなみに政令市でもある広島市での今年7月の街宣ですが私が動画で見た限りでは参加者はせいぜい5名ぐらいだったと思います。
ネット上の登録会員(メール会員)数なるものは同会の自称でしょう。また実際の街宣や総会参加者との差異などを鑑みても同会員の属性については推して知るべしです。

閑話休題

タイトル通りです。また一般的に海外進出企業であろうとなかろうと、社員の公序良俗に反する行動やかりそめにも不適切な勢力との協賛関係等がある場合は企業の社会的使命を鑑みても毅然とした態度で望まなければなりますまい。

カテゴリ:在特会の協賛団体
[PR]



by antiracist | 2014-11-14 07:47 | 在特会及び関連等

在特隠し?(2)新聞社系列施設利用申請

在特隠し?広島市の公的施設利用申請から続きます。

来月9日に西日本新聞社系列ホールにて開催が予定されている
桜井誠新刊出版記念講演会 in 福岡
http://calendar.zaitokukai.info/kyusyu/scheduler.cgi?mode=view&no=97
の会場使用についての異義が有志の方々より出ています。

こちら

エルガーラホールは西日本新聞社が100%出資する施設ですね。しかも、利用申請は個人名での申請だったとも思われます。
------------------
浜崎ごんぞー。 @wildthingishere 2014-10-11 13:37:31
エルガーラホールから回答あり。3件ほど電話があったとのこと。昨夜検討してみたが、個人名義での貸し出しだったので内容などについては確認していなかった。今回については会議室を貸し出す。今後は個人であってもどんな目的なのか内容を確認し、問題があると分かれば貸し出さない。(続く) 返信 RT お気に入り 浜崎ごんぞー。 @wildthingishere 2014-10-11 13:44:37
それでは不十分だということは伝えたが、他のかたも次回からは貸さないということに納得したと言われた。

---------------------
なぜ正々堂々と「在特会福岡支部」として利用申請しないのでしょうか?

ヘイトスピーチのことに加えて在特会はかねてより住吉会直系(日本青年社)をその協賛団体に指定していることもホール側は重く受けとめなければなりません。

この件についてはカテゴリ在特会の協賛団体各欄御参照

西日本新聞社は社会の木鐸としてのメディアとしての使命も担っておられるものと思われます。次回から貸さないということでのお茶濁しであるなら現時点までのヘイトや暴力団系への協賛行為を不問と付すに等しい大変甘すぎる対応ではないでしょうか?
当該ホールにおかれましては勇気を出して今回も貸し出しを中止すべきと思われてなりません。

★追記
在特隠し?(3)ホールは利用規約改正

http://antiracist.exblog.jp/20339987/
[PR]



by antiracist | 2014-10-16 23:24 | 在特会及び関連等

広島市の御回答(4)現状では許可を与えないこととしています。

広島市の御回答(3)「一般公園も許可しません」からの続きです。


報道によると川崎市はヘイトスピーチデモの集会場所として公園の使用を許可したそうです。
---------------------------------------------
時代の正体(31)ヘイトスピーチ考 自治体の責務(上) 差別に協力して良いか

在日コリアンを差別するヘイトスピーチ・デモが5日、川崎市内で再び行われる。昨春から6回にわたりデモを主催してきた男性が呼び掛けるものだが、市は集会場所として公園の使用を許可した。市は「規制する法令がない以上、許可はせざるを得ない」と説明するが、識者からは「自治体には差別をやめさせる義務がある。公園の使用許可は差別に加担することになる」と指摘する声が上がる。
(略)

こちら2014.10.04 10:46:00 神奈川新聞
---------------------------------------------
一方、広島市の公園管理当局の毅然とした対応は前欄等で既に述べてきたとおりですが、在特会の公園使用許可を出さないのが8月の平和記念式典及びその前後のみだという誤解が他部署の職員のお一人から見受けられたので、先月17日にあらためて同市に見解を尋ねてみました。

※後で当該職員に確認したところ「誤解」は私の誤解であることがわかりました。同職員は最初から平和記念式典及びその前後限定の不許可ではないということは認識されていたそうです。

以下は22日に同市からいただいた御回答です。

質問

貴市の○○職員(※他部署職員)は在特会の平和公園利用の不許可は平和記念式典(おそらく前日程度は含みますね)に限定したものと理解していると本日の電話対話にて御所感を述べられましたが、私見では、一般公園同様、連中の待ち合わせ等のための立ち入りは対暴力団組員同様に規制できないが、特別に集会の申請があれば許可しないものと受けとめています。
現に平和記念式典前の一般公園問い合わせでも同記念式典限定ではないものと受け止めていますが 恐縮ですが、誤解を排し事実を内外に浸透させる意味でも再度お答えをお願い申し上げます。

回答

広島市では、これまで「在特会」が行った集会等が、拡声器等を使用し、周囲の公園利用者に威圧を与えるような行為が頻繁にあったことから、他の公園の利用者に迷惑を及ぼすような行為を行うおそれがあるとして、広島市公園条例の規定に基づき、現状では許可を与えないこととしています。

質問

2014/8/28日付琉球新報記事「ヘイトスピーチ:9割問題視 規制求める声も 全国アンケ」によると山形県の貸し出し拒否理由の一つに「(図書館が併設され)児童生徒が出入りする施設」であることも理由に貸し出しを拒否したも報じられていますが、貴広島市施設としても児童生徒利用者の観点からのご検討の余地はございますでしょうか?

回答

お問い合わせのあった内容について山形県に確認したところ、「在特会への施設貸し出し拒否は、図書館もあり平穏な環境を求められる施設であることや、こどもをはじめとして広く県民に利用されている施設であることなども考慮の一つとし、施設の条例等に基づいて総合的に判断した。」とのことでした。
なお、「在特会」に限らず、まちづくり市民交流プラザの施設利用については、平成25年(2013年)7月12日付で回答しましたとおり、広島市まちづくり市民交流プラザ条例第5条の使用の制限や同条例第6条の入館の制限に該当するか、また、広島市暴力団排除条例第7条の公の施設の使用を制限する使用に該当するかで判断しています。その中で、児童生徒が利用することが判断材料の一つになる可能性はあります。
[PR]



by antiracist | 2014-10-07 07:15 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

最新の記事

mail

画像一覧