困った連中

カテゴリ:在特会及び関連等( 79 )




人道カウンターの圧勝@ヘイト街宣10mで中止

そもそもこれだけ事前に騒がれていたにもかかわらずヘイトのデモ隊の烏合の衆がわずか十数人であったことはわが国の民度の高さ示しているのではないでしょうか。

川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 反対の数百人が囲む
(略)
この日は午前10時ごろからデモに反対する市民が中原平和公園に集まった。反対する市民が取り囲んで「ヘイトデモ中止」「帰れ」と叫び、路上に座り込んだ。デモ隊は午前11時ごろ集まり、プラカードを掲げて10メートルほど進んだが、反対する市民に阻止されてそれ以上進めないまま、警察の説得に応じて11時40分ごろ、中止を決めたとみられる。
(略)

こちら2016年6月5日12時44分 朝日

今回は市が公園使用を不許可とし警察が道路使用を許可するというねじれた構図が丸見えになりました。
警察におかれては「県の公安条例で申請があった以上、許可せざるをえない」実情が本当にあるのであれば、県議会に同条例の改正を提議し民族差別等と思われる集団の道路使用許可を困難にすればそれで済むことではないでしょうか。

公安(警察)の姿勢(アーカイブ)
[PR]



by antiracist | 2016-06-05 19:00 | 在特会及び関連等

ヘイトへの野蛮視、軽蔑視こそが重要不可欠

公園外での街宣も許可せず@神奈川県警 関連です。


“ヘイトスピーチの可能性高い” デモ禁止の仮処分

川崎市の男性などが計画しているデモについて、横浜地方裁判所川崎支部は民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、市内にある在日韓国人の男性が理事長を務める団体の施設周辺でデモを行うなどの行為を、禁止する仮処分の決定を出しました。
(略)
デモを計画している男性を巡っては、川崎市は市が管理する2つの公園でこの男性が企画している集会について、民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、公園の使用を認めないことを決める異例の措置をとっています。
仮処分を申し立てた社会福祉法人、青丘社の三浦知人事務局長は「デモは私たちの住宅街、商店街に深い傷を残してきました。この決定をきっかけに、ヘイトスピーチに悩まされている全国の地域からこの異常事態がなくなってほしいです」と話していました。

こちら6月2日 20時09分 NHK

具体的には横浜地方裁判所川崎支部は「男性らの発言から計画されているデモでヘイトスピーチが行われる可能性が高い。新たに成立したヘイトスピーチを解消するための法律をみても、在日韓国人や在日朝鮮人などの平穏な生活は強く保護されるべきだ」と指摘し、団体施設の入り口から半径500メートル以内でデモを行うことや、大声を張り上げて差別的な意識を助長する行為を禁止する仮処分の決定を出したとも報じられていいます。

ただ、禁止区域が団体施設の入り口から半径500メートル以内というのは、確かに何も規制はないよりはマシなものの禁止の脆弱性を感じてしまいます。拡声器等を使用した500メートルの地点からの嫌がらせ街宣が完全にシャットアウトできるのかどうかについては疑問の余地を感じざるをえません。
このうえは周囲を含めた社会のヘイトへの野蛮視、軽蔑視が重要不可欠となるのは明らかではないでしょうか。
[PR]



by antiracist | 2016-06-03 00:38 | 在特会及び関連等

公園外での街宣も許可せず@神奈川県警

集合場所使用もNG!(前欄)続きです。


(略)
川崎警察は公園使用許可が出ないので、デモの申請を書類不備として受け付けません。

こちら2016年5月31日付等 有田芳生参議院議員ツイッター

★追記(2016/6/2)

ヘイト団体に公園使用不許可 市民団体「施設利用条例の改正を」
(略)
自治体の責務についても触れ「公共施設の利用を制限するために、利用条例の改正や実態に即したガイドラインを策定することが必要」と話した。
(略)

こちら2016年6月1日 東京新聞

公園のみならず講演ホールなどあらゆる公共施設利用からの連中の排除が求められてきましょう。

★追記(2016/6/3)
ヘイトへの野蛮視、軽蔑視こそが重要不可欠
[PR]



by antiracist | 2016-06-02 00:41 | 在特会及び関連等

集合場所使用もNG!

ヘイト公園使用不許可の前提の続報です。

川崎市は31日、方針通り在日コリアンらの排斥を掲げるデモを川崎区内で繰り返していた団体(連中)に、市の管理する公園の使用を不許可にしたと発表したそうです。
------------------------------------
ヘイト団体に不許可 川崎市、公園使用認めず 対策法成立後で初
(略)
市によると、デモを計画する男性から川崎区内二つの公園の使用を求める申請があった。市は三十日付で使用を不許可とし、通知を郵送したほか、同日夜にこの男性に電話で伝えた。

 この団体のデモを巡っては、川崎区内で在日外国人と日本人の交流施設などを運営する社会福祉法人が、法人事務所の半径五百メートル以内で、この男性のデモを禁じる仮処分を横浜地裁川崎支部に申し立てた。
(略)

こちら2016年5月31日 東京新聞夕刊
------------------------------------
私見では問い合わせ実体験からも、川崎が不許可にしたのは集合場所としての公園使用と思われます。加えて本日の問い合わせによると、集合場所としての公園利用でも許可を要することはヘイトが取りざたされたここ数年で始まったことではなく従前からの使用ルールであるそうです。

ともあれ今回の不許可により街宣行為ではなく集合場所としても使用を口実に公園をヘイトで汚すことができなくなったことは川崎市が打ち出した新機軸であるともいえましょう。
全国各地の各自治体をはじめ公園管理者は同様の措置が望まれましょう。むろん各県警がヘイトが公園外で街宣するため公園を待ち合わせを名目に使用する場合は公園管理者からの同使用許可を条件とすることの拡散が前提であることは言うまでもありません。

★追記
ただし不許可を無視して使用した場合の措置の脆弱さについては課題が残るところです。
------------------------------------
ヘイトスピーチ:公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川
(略)
また、ヘイトスピーチ対策法には罰則規定がなく、団体側が公園で集会を強行した場合の対応も難しい。川崎市都市公園条例は、処分に違反した場合は公園からの退去を命じることができると規定するが、市緑政部は「実力行使で違反者を排除する規定まではない」としており、「警察との連携も今後の検討事項になる」と話している。

こちら毎日新聞2016年6月1日 地方版
------------------------------------
本日の川崎市への問い合わせでは公園の不許可使用については過料程度ならあるものと理解しましたが、いずれにせよ規制が有名無実にならぬよう罰則強化が求められてきましょう。

★追記
公園外での街宣も許可せず@神奈川県警
[PR]



by antiracist | 2016-05-31 22:55 | 在特会及び関連等

ヘイトの県施設使用を認めない@愛知県

前欄(川崎市の公園使用不許可決定)に続きヘイト連中への厳しい対処が愛知県で打ち出されました。、

報道によると特定の人種や民族に対して差別的言動を街頭などで繰り返すヘイトスピーチを行う団体について、愛知県の大村秀章知事は30日の定例記者会見で、「申請があっても許可しない」と述べ、県施設の使用を今後認めない方針を明らかにしたそうです。

-------------------------------------
<ヘイトスピーチ>愛知知事「団体に県施設を使わせない」

(略)
 ヘイトスピーチを巡っては24日、国と地方自治体に差別解消の施策などを求める対策法が成立。ただ、憲法が保障する表現の自由に配慮し、禁止や罰則の規定はない。大村知事は「人権侵害で、表現の自由(で許される範囲)を超えており、踏み込んだ対応が必要だ」とし、県が管理する公園などの施設でヘイトスピーチをさせない考えを示した。

こちら毎日新聞 2016年5月30日 13時35分(最終更新 5月30日 15時02分)
-------------------------------------
山形県では異議申し立てが却下されたことは記憶に新しいところです。
資料@異議申し立て却下


★追記2016/11/02
ヘイトに貸すな@北区(東京都)施設

[PR]



by antiracist | 2016-05-31 00:24 | 在特会及び関連等

ヘイト公園使用不許可の前提

川崎市市長が、在日コリアンの排斥を訴えるヘイトスピーチデモを繰り返している団体側に、市が管理する公園での集会を許可しない方針を固めたことが報じられています。

----------------------------------------------
ヘイト団体の公園での集会、許可しない方針 川崎市

ヘイトスピーチ解消に向けた取り組みを国や地方自治体に求める法律が今月24日に成立しており、その趣旨を踏まえての判断とみられる。市議会も、市側に許可しないよう要望する。

こちら2016年5月28日05時04分(朝日)
----------------------------------------------

私の認識が正しければ当該ヘイトは公園を公園外における街宣の集合場所として使用する申請を公園管理者である川崎市に出していたものと思われます。で、広島市など多くの自治体では単に集合場所としての使用については許可は不要としています。したがってどんな集団や個人でも集合場所使用を名分とすれば公園は示威行為の場として利用できる現状があります。
だから許可の議論自体が私には当初不可解につき、そのあたりを川崎市に問い合わせてみるとどうやら神奈川県警は街宣自体の許可要件に集合場所たる公園の使用許可を取ることを挙げているそうです。これは上述した公園の抜け穴的使用に規制をかける同県警による画期的な新機軸といえましょう。

公園管理者からの集合場所使用許可を街宣許可の条件にしてはじめて可能であった「ヘイト団体の公園での集会、許可しない方針」であることを鑑みれば、神奈川県警方式をとらない各県警は各自治体とも協議の上、今回の川崎市の英断の採りいれを可能にさせてもらいたいものです。


※集合場所使用への規制不要については
こちら後段を御参照

★追記(2016/5/31)
集合場所使用もNG!
[PR]



by antiracist | 2016-05-28 06:48 | 在特会及び関連等

判決@高松高裁

判決@徳島地裁 の続報です。


在特会の会員らが6年前、徳島県教職員組合(徳島市)の事務所で罵声を浴びせた行動の控訴審判決が本日下されました。

------------------------------------
在特会訴訟
.暴言は「人種差別的思想の表れ」賠償額を増額
高松高裁判決 230万円から436万円に

在日特権を許さない市民の会(在特会)のメンバーらによる暴言などで業務を妨害されたとして、徳島県教職員組合と元職員の女性(64)が在特会とメンバーら10人に計約2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、高松高裁であった。
(略)

こちら毎日新聞2016年4月25日(最終更新 4月25日 22時28分)

在特会の県教組への抗議は「人種差別」 高松高裁判決
               (略)
生島弘康裁判長は「一連の行動は人種差別思想の現れ」と判断。「人種差別」とは認定せず在特会側を敗訴させた一審判決を変更し、賠償額を約436万円にほぼ倍増させた。

こちら2016年4月25日14時51分 朝日新聞

High court doubles damages owed by anti-Korean group, labels attack against Japanese as racist
こちらapr 25, 2016 ジャパンタイムズ(共同)

※参在特会・徳島県教組襲撃事件(4)
こちら「東村山市民新聞」の迷宮
------------------------------------

人種差別認定は当然でしょう。おそらくは上告しても結果は同じものと思われます。
徳島県教職員組合及び被害関係者にあらためて謝罪と猛省を示すべきという人間としての基本的道理ははたして在特会及び被告人らに通じるのでしょうか。

★追記(2016/11/03)
判決@最高裁(在特会への賠償命令が確定)
[PR]



by antiracist | 2016-04-25 15:29 | 在特会及び関連等

公的要請で削除@ヘイト動画

ヘイトスピーチ動画、法務省要請で初の削除 ニコ動など

こちら2016年2月15日11時40分(朝日)

※追記2016-09-24 15:12
当然の削除@インターネットテレビ局
[PR]



by antiracist | 2016-02-16 00:56 | 在特会及び関連等

「在特会壊滅への道」

第26回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作入選作に当欄タイトルで示したルポが入賞しました。
同誌公式サイトこちらでご覧ください。

私見では在特会の日本青年社(住吉会母体)への協賛なども言及していれば弱体の分析としてはより効果的であったかと思われます。
在特会の協賛団体

書き手等による仰々しい反対行動についてはその志等は理解できますが、とりたてて実力行使しなくてもヘイト連中の弱体化は世の道理からも必然事項ではなかったでしょうか。
また書き手のカウンター仲間がある時点で入れ墨を隠さなくなったともありますが、それは逆効果にもつながりかねません。動画はありのままに写し出します。不特定のみならず日本青年社を協賛する会の連中に入れ墨を見せ付けることの愚を知るべきだと思ってしまいました。

2016/02/06追記
強硬行動支持の意見も紹介しておきましょう。
【なぜ「カウンター」は強い言葉で差別主義者を批判するのか】
こちら
[PR]



by antiracist | 2016-02-05 21:51 | 在特会及び関連等

ヘイト対策の新機軸が可決!大阪市議会

全国初のヘイトスピーチ抑止条例が成立 大阪市、認定団体は名称公表
こちら産経※2016.1.15 23:09更新

条例可決はヘイト対策のへの新機軸として私も大いに是とします。
ただし次のような指摘もあります。

大阪市ヘイトスピーチ条例成立 全国初、実施団体を公表
(略)
条例に市民団体などが求めた表現規制や罰則は盛り込まれず、抑止の実効性を疑問視する声もある。 (共同通信)
こちら沖縄タイムズ※2016年1月15日 23:47

加えて連中は条例に公共施設利用への禁止ないし制限要綱がないことをいいことに臆面なく利用を申請してくる可能性もありましょう。そのあたりの補完も後手後手に回ることなく要されるのではないでしょうか。
ともあれ大阪市議会はヘイトやその類に対して毅然とした新機軸を打ち出したことは積極評価に値するものと考えます。

翌日付次欄
大阪市等は既に公共施設使用不許可は可能
[PR]



by antiracist | 2016-01-16 04:00 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新の記事

mail

画像一覧