困った連中

カテゴリ:在特会及び関連等( 76 )




産経新聞の矜持は?在特会元事務局長の行動連載記事所感

判決@最高裁(在特会への賠償命令が確定)からの続きです。
一部再掲しましょう。

予想通りの分別ある裁定結果です。
事件のきっかけとなった産経新聞の朝鮮学校支援にからむ誤報めいた記事であることを鑑みると同紙は猛省が要されるところですが、実際は現在に至るまでも元在特会事務局長のタカ派行動をメインとした記事を連載する姿勢をみるにつけても報道する側の矜持が疑われても仕方ありますまい。
再掲以上

そして昨日も産経新聞には連載記事がありました。
-----------------------------------------------
2017.1.21 01:00
【山本優美子のなでしこアクション(9)】
慰安婦問題が「日米韓間での深刻な外交問題」であることはもう明らかです
                        (1/3ページ)

こちら
-----------------------------------------------

連載はこれで9回目に及ぶようですが、産経新聞の在特会元事務局長へのすごい肩入れと言えましょう。

くだんの元事務局長については、最近、「日本会議の研究」を世に出され在特会をはじめとした世に言うヘイトと呼ばれる集団に詳しいジャーナリスト菅野完氏が
こちら画面前段の小見出し
海外活動とメディア戦略の顔となっている山本優美子氏
以下にて指摘されています。

また、山本優美子氏が「さくら優美子」の名で在特会事務局長として過去に活動していたことは以下のサイト画面等でも確実なことと思われます。
こちら
他の検索結果を総合して鑑みても同様のことが言えましょう。
それにしてもテレビ番組『そこまで言って委員会NP」にまで出ていたとは驚きです。ただし私の知る限りでは連載を続ける産経新聞とは異なり、同番組(読売テレビ)には元事務局長はその後は出演していないものと思われます。

むろん、時系列にかかわらず個人の活動、言論、所属そして説明責任や釈明遂行の有無等は自由です。問題は産経という大新聞の連載記事の人選等に違和感を禁じえないということです。

在特会の元事務局長の行動を中心とした連載記事をのぜる産経新聞の矜持は一体どうなっているのでしょうか?同紙は徳島事件(※冒頭リンク御参照)発端と自社記事との関わりやその時点で山本氏が事務局長に就任されていたかどうかについてどう認識されたうえでこの連載を続けているのでしょうか?

加えて産経新聞は、元事務局長がはたして在特会最高幹部の一人として未成年を含めたいわゆるヘイト対象各位に道義的謝罪を表明したうえ同会を批判し且つ同会からの脱会等を世に表明されているのかどうかを連載文責の立場からしっかり確認された上での人選なのでしょうか?

ちなみに: 2012-01-18 に在特会HPに掲載された「執行役員の人事について」によると事務局長(当時)は退任後は「今後は一会員として出来る範囲で会の活動に参加したい旨」を同会に述べた上で会員へのメッセージとして、会の今後の発展と 、各支部・運営・会員の皆様の更なるご活躍を祈念するとの意を開陳されています。詳細は同会画面
http://www.zaitokukai.info/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=45
(※保管済み)を御参照

産経新聞がどこまで上記の経緯などを認識されているかは定かではありません。

※参考
「なでしこアクション」の設立の経緯
こちら
[PR]



by antiracist | 2017-01-22 17:30 | 在特会及び関連等

ヘイト衰退は自然な流れ

ヘイトデモが減少、警察庁
治安情勢まとめ、16年

こちら2016/12/2 19:39共同通信

ヘイトデモといってもそもそもがごく少数者によるパフォーマンスでしょう。野次馬が参加者に数えている、数えられている場合もあるのではないでしょうか。
地方ではさらに歯牙にもかけられていないようです。
[PR]



by antiracist | 2016-12-03 07:55 | 在特会及び関連等

ヘイトに貸すな@北区(東京都)施設

東京都北区はヘイトスピーチ団体と分かった時点で公益に鑑み施設使用許可を取り消すべきではないでしょうか。
----------------------
北区が出捐金の全額を負担している北区文化振興財団が運営する施設「北とぴあ」で、ポスターにはっきり「在特会」と銘打たれたシンポジウムが開催される。
こちら※香山リカさんのツイート

「北とぴあ」は、これまで市民連合や総がかり実行委などの平和シンポジウムなどをはじめ、子どもも楽しめる地域の文化に密着したイベントや集会などを行なってきました。「これからも家族で安心して利用できる「北とぴあ」であってほしい」と先方に伝えました。
こちら※安保法反対☆自由と良心武蔵野美術大学有志さんのツイート

僭越ですがむずかしいとは思いません。どんな手を使って申し込んだにせよ、とにかく「在特会」イベントとわかった時点で、公的色彩の強い施設なら貸し出し不許可とすべきではないでしょうか。いまはヘイトスピーチ解消法もあるのです。
こちら※香山リカさんのツイート
----------------------
加えて在特会は指定暴力団住吉会に直結する日本青年社を公然と協賛指定しています。これについては関連カテゴリこちらより「在特会の協賛団体」シリーズ等関連各欄を御参照

また様々なヘイト行為に関して猛省を表明するどころか開き直りも甚だしい態度を取っているのではないでしょうか。
畢竟、東京都北区は愛知県、山形県等の毅然たる不許可通告を見習うべきでありましょう。

ヘイトの県施設使用を認めない@愛知県

★追記(2016/11/03)
当日、会場の北区の実質的な区立施設に様子を見に行かれた方のレポートによると、参加者は11名だったそうです。
こちら香山リカ ‏@rkayama
[PR]



by antiracist | 2016-11-02 01:48 | 在特会及び関連等

在特会に賠償を命じる判決@大阪地裁

速報です。表題通りです。
-------------------------------------------
ヘイトスピーチ 在特会に賠償命じる 大阪地裁

ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別をあおる街宣活動で名誉を傷つけられたとして在日朝鮮人のフリーライターの女性が在特会=「在日特権を許さない市民の会」などを訴えた裁判で、大阪地方裁判所は「限度を超えた侮辱で、差別を助長する意図が明らかだ」として、在特会側に77万円の賠償を命じました。
(略)

こちら9月27日 15時11分 NHK
在特会のネット上のヘイトスピーチ、「人種差別」と認定 大阪地裁
(略)
判決理由で増森裁判長は、在特会会長だった桜井氏がネット動画やツイッターで、李さんのことを「朝鮮ババア」「差別の当たり屋」などと表現し、名前とかけて「ドブエ」と連呼したと指摘。「社会通念上許される限度を超える侮辱行為で、原告の人格権を侵害した」と批判した。

こちら2016.9.27 15:38更新 産経
-------------------------------------------
いずれにせよヘイトスピーチがもたらす稚拙性が法的にもまたまた指弾されたということになりましょう。
またたとえ一時期であれ、こうした野卑な差別発言をする人へシンパシーを感じあまつさえ様々な形でこの人物やヘイトに利する形をとる方々への怒りを超えた憐憫も感じざるをえないことを判決を通しあらためて思った次第です。
[PR]



by antiracist | 2016-09-27 15:54 | 在特会及び関連等

当然の削除@インターネットテレビ局

AbemaTVに桜井誠・在特会前会長の個人チャンネル開設→批判殺到→チャンネル削除
こちら 更新: 2016年09月23日 12時50分 JST The Huffington Post

これで「報道の自由が損なわれている」云々という寝言・戯言は反公益も著しいヘイトスピーチを敷衍したものがいったい何であったかを知るべきです。

桜井誠・在特会前会長、ニコ生で「運動は拡大した」と謝意表明【ヘイトスピーチ】
こちら 更新: 2016年03月16日 18時27分 JST 同

公的要請で削除@ヘイト動画
[PR]



by antiracist | 2016-09-24 15:12 | 在特会及び関連等

本人確認がとれず?江戸川区役所

産経新聞の2016.7.13 18:13更新ネット配信記事
東京都知事選】
桜井誠氏が激白!「間違ったことはしていない」「来年の都議選に10~20人立候補させます」

こちら の最後部を引用します。
-----------------------------------------
--区役所の非常勤職員をやっていたそうですが

 「ええ。江戸川区でね。おばちゃんたちと話していたんですよ。『誰々さんと誰々さんが生活保護をもらったそうなんだけど、そのときに○○党や△△党の議員がついてきたのよ』って。口利きのようなことをしている。その代わり、選挙の際は死にかかっているような人が選挙に来ると聞いた。要は票を買っているわけでね」

-----------------------------------------
これについて発言内容の真偽は別として(※かりそめにも虚偽なら別の問題も発生する可能性もでてきましょう)、非常勤退職者といえども公務の職務上知りえたことには守秘義務があることに鑑み、非常勤職員の服務や人事を管轄する江戸川区職員課に問題性の有無を問い合わせてみました。

御回答は、確かに当該候補者と同姓同名の人が当区役所の非常勤職員として一定期間勤務していたことは事実だが、その人が産経新聞に出ている都知事選候補者であるとの確認がとれない限りは当課としては何もしないとの驚くべき趣意でした。
当該職員の確認は区役所内で容易にとれるはずです。あまつさえ同課は非常勤人事の主管課でしょう。契約書の有無や退職理由などは当然公務として掌握されているのではないでしょうか。要するに面倒だから不作為を決め込む口実にすぎないと疑われても仕方ありません。

ちなみに確固とした勤務証拠が出てくれば、守秘義務違反に該当するのかどうかについての検証などの対応はするそうです。
ただし同課によるとたとえ今後、本人ブログなどでの文言等として同区役所勤務言及あったとしてもそれでもって勤務の証拠とは見なさないそうです。

彼が同区役所に勤務したことが証拠となりえる文書は区役所は持っているはずです。保存期間が終了しているとは考えられません。今回の職員課の対応は他県民がいちいち情報公開請求等をすることが困難なことを見越しての散漫な対応との疑念はぬぐいきれないのではないでしょうか?
[PR]



by antiracist | 2016-07-22 07:58 | 在特会及び関連等

ヘイトの浅知恵

まずは前欄、前々欄にて引用した報道を別の視点でとりあげてみましょう。
--------------------------------
渋谷でもデモ行進、抗議の市民ともみ合い 川崎は中止
(略)
この日は県警の警察官が多数出動したほか、法務省は法施行を知らせる広報活動を実施。川崎市の職員も現地で状況を確認した。

 5日午後には、東京都渋谷区で「共産党を批判する」という名目で数十人が日の丸を掲げ、デモ行進した。川崎のデモと同じサイトで告知されたことから、ヘイトデモに抗議する市民が多数集まり、警官と路上でもみ合う場面もあった。

こちら2016年6月5日19時40分 朝日
--------------------------------

おそらくはきわめて希少な集団にすぎない自分たちの主張が広範な世論に受け入れられないことで、与野党対立等に便乗したてのヘイト遂行と思われますが、世間を知らない連中のネット過大評価病あたりから思いついた浅知恵を露呈しています。

まず、己らの極小勢力に比べて、日本共産党の国会議員数は、衆議院議員21名、参議院議員11名で民進党に次ぐ野党第2党である。また、7人の党員地方自治体首長や約2800人の地方議員を抱えています。
ヘイト対策については同じく草の根的な支持構造を持つ公明党も然りですが、意気込みや一部対処は別としてもまだまだ本気でヘイトに対峙しているとは思えません。様々な事象に忙殺されるのは公党の宿命で、日共とてヘイト対策や実践の不十分性は認識しているはずです。

そこに共産党を叩けば反共の人々からシンパシーがもらえ同時に野蛮なヘイトを政党批判に装うことができるとの目論見なら、同党やその多様な生活の場に存在する支持構造がよりヘイト対策・実践に本気になることにより今や与野党を問わず反ヘイトでは一致する他党群への働き掛けを増進することで、さらなる規制を呼ぶことは日を見るより明らかではないでしょうか。

都知事批判への尻馬乗りもそうですが、もはや世論はそのような糊塗にだまされるような段階でもありません。否、もとより歯牙にもかけてはいますまい。
かつての小沢氏(生活の党)批判やあからさまな創価学会への直接中傷行為等々もヘイトにとっては何の益もなかったどころか、政党を本気で起こらせ自分たちに不都合な立法措置を惹起させた点を鑑みると今回の件の浅知恵性を象徴しているのではないでしょうか。

創価よ、怒れ!(アーカイブ)
[PR]



by antiracist | 2016-06-07 06:30 | 在特会及び関連等

人道カウンターの圧勝@ヘイト街宣10mで中止

そもそもこれだけ事前に騒がれていたにもかかわらずヘイトのデモ隊の烏合の衆がわずか十数人であったことはわが国の民度の高さ示しているのではないでしょうか。

川崎のヘイトデモ、出発直後に中止 反対の数百人が囲む
(略)
この日は午前10時ごろからデモに反対する市民が中原平和公園に集まった。反対する市民が取り囲んで「ヘイトデモ中止」「帰れ」と叫び、路上に座り込んだ。デモ隊は午前11時ごろ集まり、プラカードを掲げて10メートルほど進んだが、反対する市民に阻止されてそれ以上進めないまま、警察の説得に応じて11時40分ごろ、中止を決めたとみられる。
(略)

こちら2016年6月5日12時44分 朝日

今回は市が公園使用を不許可とし警察が道路使用を許可するというねじれた構図が丸見えになりました。
警察におかれては「県の公安条例で申請があった以上、許可せざるをえない」実情が本当にあるのであれば、県議会に同条例の改正を提議し民族差別等と思われる集団の道路使用許可を困難にすればそれで済むことではないでしょうか。

公安(警察)の姿勢(アーカイブ)
[PR]



by antiracist | 2016-06-05 19:00 | 在特会及び関連等

ヘイトへの野蛮視、軽蔑視こそが重要不可欠

公園外での街宣も許可せず@神奈川県警 関連です。


“ヘイトスピーチの可能性高い” デモ禁止の仮処分

川崎市の男性などが計画しているデモについて、横浜地方裁判所川崎支部は民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、市内にある在日韓国人の男性が理事長を務める団体の施設周辺でデモを行うなどの行為を、禁止する仮処分の決定を出しました。
(略)
デモを計画している男性を巡っては、川崎市は市が管理する2つの公園でこの男性が企画している集会について、民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、公園の使用を認めないことを決める異例の措置をとっています。
仮処分を申し立てた社会福祉法人、青丘社の三浦知人事務局長は「デモは私たちの住宅街、商店街に深い傷を残してきました。この決定をきっかけに、ヘイトスピーチに悩まされている全国の地域からこの異常事態がなくなってほしいです」と話していました。

こちら6月2日 20時09分 NHK

具体的には横浜地方裁判所川崎支部は「男性らの発言から計画されているデモでヘイトスピーチが行われる可能性が高い。新たに成立したヘイトスピーチを解消するための法律をみても、在日韓国人や在日朝鮮人などの平穏な生活は強く保護されるべきだ」と指摘し、団体施設の入り口から半径500メートル以内でデモを行うことや、大声を張り上げて差別的な意識を助長する行為を禁止する仮処分の決定を出したとも報じられていいます。

ただ、禁止区域が団体施設の入り口から半径500メートル以内というのは、確かに何も規制はないよりはマシなものの禁止の脆弱性を感じてしまいます。拡声器等を使用した500メートルの地点からの嫌がらせ街宣が完全にシャットアウトできるのかどうかについては疑問の余地を感じざるをえません。
このうえは周囲を含めた社会のヘイトへの野蛮視、軽蔑視が重要不可欠となるのは明らかではないでしょうか。
[PR]



by antiracist | 2016-06-03 00:38 | 在特会及び関連等

公園外での街宣も許可せず@神奈川県警

集合場所使用もNG!(前欄)続きです。


(略)
川崎警察は公園使用許可が出ないので、デモの申請を書類不備として受け付けません。

こちら2016年5月31日付等 有田芳生参議院議員ツイッター

★追記(2016/6/2)

ヘイト団体に公園使用不許可 市民団体「施設利用条例の改正を」
(略)
自治体の責務についても触れ「公共施設の利用を制限するために、利用条例の改正や実態に即したガイドラインを策定することが必要」と話した。
(略)

こちら2016年6月1日 東京新聞

公園のみならず講演ホールなどあらゆる公共施設利用からの連中の排除が求められてきましょう。

★追記(2016/6/3)
ヘイトへの野蛮視、軽蔑視こそが重要不可欠
[PR]



by antiracist | 2016-06-02 00:41 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧