困った連中

2014年 10月 17日 ( 3 )




ほんの三例@ヘイト蛮行

最近の在特会関係者やシンパの話から「同会は取り立ててヘイトスピーチはしていない。批判は針小棒大である」との噴飯話も出ているようです。
世間の厳しい目をごまかすための浅はかな改ざんであると思います。

京都朝鮮学校や徳島教組あるいは蕨市のフィリピン人少女の事案等々などいくらでもありますね。
その他にも数ある中のほんの三例をリンクしておきましょう。
------------------------------------------
>「我々は朝鮮人を殺しに来た!」と宣言した在特会会長・桜井誠の小平市朝鮮大学校抗議活動
こちら

>大須商店街で桜井誠・在特会会長らが「朝鮮人を皆殺しにしろ、朝鮮人を焼き殺せ」などと
>騒ぎまくっていました。
>市役所・市議会はきっちりチェックしておくように。"
こちら

>多くの町民を津波から救った女性職員を引き合いに出して京都朝鮮学校襲撃を正当化
>しようとする下劣さと、「殺戮戦」を煽る桜井誠・在特会会長のカルト的手口
こちら
[PR]



by antiracist | 2014-10-17 07:52 | 内部矛盾?

在特会批判・縁切りは芝居か@住吉会別働隊

前欄ヤクザが安倍内閣を補完?ジャパンタイムズよりからの続きです。

ジャパンタイムズ記事の一番のポイントは広域指定暴力団住吉会の別働隊とも目される日本青年社による在特会への抗議及び三行半の突きつけでしょうか。ただし同青年社の回答を額面どおり受け取る記者と異なり私は所詮は暴力団関係者の芝居ではないかと疑っております。
日本青年社のHPには現時点まで在特会を批判したりあまつさえ縁切りの記述はいっさいありません。在特会公式サイトの協賛団体一覧画面にも相変わらず日本青年社はリストされています。
在特会による子どもへのヘイトスピーチは2009年ごろからよく知られそのぶん世間から厳しく指摘されてきています。にもかかわらず日本青年社は今になって急に、しかも、外国人記者からの書面の質問に答える形での在特会批判及び絶縁宣言はとってつけたような感もし不自然きわまりありません。

もとより指定暴力団住吉会の類による発言の信憑性はきわめて乏しいのではないでしょうか。だいたい指定暴力団系からの三行半を一番喜ぶのは在特会でしょう。

一般的にいったん暴力団系から何らかの世話を受けた場合、関係を清算することは困難と言われます。しかるにJT記者に答えた今回の棚ボタ式の絶縁宣言は絶縁する側もされる側もイメージの利があることは推して知るべしです。すなわち青年社は何かと評判の悪いヘイト集団と無縁になり、在特会側も「暴力団を協賛指定」の論難をかわすこともできると思っているのでありましょう。
それらのことからも一時的に在特会を擁護する形での八百長批判、八百長勘当である可能性は濃厚であると思われてなりません。
[PR]



by antiracist | 2014-10-17 07:27 | 在特会の協賛団体

ヤクザが安倍内閣を補完?ジャパンタイムズより

文春及びDB記事@国家公安委員長の親在特会疑惑から続きます。

10月4日付「ジャパンタイムズ」では在特会の住吉会別働隊への関与についてより詳細な言及がありましたので部分引用して訳しておきましょう。※意訳です。
記者はDB紙と同様Jake Adelstein氏です。
---------------------------------------
記事タイトル
Yakuza do what Abe Cabinet pick can’t
ヤクザが安倍内閣を補完?
(略)

Zaitokukai has had a tight relationship with Nihonseinensha, a right-wing group that is part of the Sumiyoshi-kai, the second-largest yakuza syndicate in the country. In testimony in the Diet, the National Police Agency acknowledged that Nihonseinensha’s top adviser was also a senior figure in the Sumiyoshi-kai.

Zaitokukai has been invited to events hosted by Nihonseinensha, it advertised in Nihonseinensha’s magazine and it even listed Nihonseinensha as a sponsor on its own website.

When Zaitokukai was asked why it advertised with Nihonseinensha, its answer was, “No special reason.”

在特会は日本で二番目に大きな暴力団組織たる指定暴力団住吉会の系列である右翼団体「日本青年社」と強固な関係にあります。
国会にても警察庁は日本青年社の最高顧問は住吉会の大幹部である認識を答弁しています。
在特会は日本青年社によって開催された複数のイベントに招かれているのみならず同青年社の機関紙「青年戦士」に会名、会長名にて広告を掲載したこともあります。しかも同会は公式サイトにおいても協賛団体として同青年社を指定しています。

住吉会直系団体の機関紙に広告を掲載した理由について在特会は「特に理由なし」と答えています。


Now some politicians in Japan, Yamatani included, have expressed tacit approval for Nihonseinensha’s “patriotic” activities, which include placing a lighthouse on the Senkaku Islands. (Note that I don’t say “disputed” — they’re clearly Japan’s property, in my opinion. It’s perhaps the only argument I might find myself in agreement with the right wing on).

現在、日本の政治家の中で山谷えり子国家公安委員長などは、尖閣諸島への灯台設置等を含めたこの住吉会別働隊とも言うべき集団による国粋的行動に暗黙ながら賛同を示しています。
(私こと記者はこの領土問題に異義を称えているわけではなく尖閣は明確に日本の領土と認識していますので誤解なきように。おそらくは右翼の連中との唯一の意見一致点になるとの内心の思いもあります。)


Former Tokyo Gov. Shintaro Ishihara has publicly expressed admiration for Nihonseinensha. Do you suppose that Ishihara and Yamatani know that associating with and providing support to anti-social forces is a crime under the city’s Organized Crime Exclusion Ordinances? Maybe they need a warning from the Tokyo metropolitan police first to clarify that.

はなはだしきは石原慎太郎元東京都知事にして現衆議院議員は臆面なく住吉会別働隊を称賛した事実があります。読者諸氏におかれては石原氏と山谷長官が反社会的勢力との実質的な連携や支援が組織犯罪排除条例に抵触するいわば犯罪であることを認識していると思いますか?
責任ある公人として両人は警視庁からそのあたりを明らかにするよう警告を受けることが第一義として要されましょう。

I wonder if Yamatani approves of Nihonseinensha’s other activities — intimidation, extortion, fraud and tax evasion.

山谷国家公安委員長に関しては日本青年社による脅迫、強要(ゆすり)、詐欺、脱税などの一連の行為に賛同しているとの疑念さえ持たれても仕方ありますまい。


I wouldn’t say the Sumiyoshi-kai is an angelic organization either. In July, 10 members allegedly kidnapped a 43-year-old man in Saitama, assaulted him severely and dumped his body in front of a hospital. Whether he died after being left there or was already dead remains to be seen.

私(記者)は住吉会が天使のような団体などではないことは明白です。7月10日にも同会構成員が埼玉県において43歳の男性を拉致し激しく暴行を加えたあげく病院の前に体を投げ捨てた容疑事案もあります。被害者がそこに遺棄された後死んだのか、既に死んでいたかどうかについては現時点では定かではありません。


Murder or manslaughter will be the focal point of the trial. Maybe the alleged thugs responsible can get the court to lean toward manslaughter by asking Yamatani or Ishihara to be character witnesses? They could then plead guilty to the lesser charge and promise to turn over a new leaf — devoting their lives to worthy causes such as promoting discrimination against Koreans.

当該の殺人行為は裁判所において審理されましょう。ひょっとすると、被告席にいる暴力団員の連中は自らの責任を少しでも緩和させるべく山谷氏や石原氏に証人になってもらいい「日頃は有意義なことを行っている」趣旨を宣誓させることにより「殺人罪」を殺す意思のなかった「故殺罪」へと軽減させてしまうのでしょうか。かくして連中は今後は在日韓国・朝鮮人の人々への差別を促進するといった「価値ある大義」に献身することによって改心するということを誓うことで罪一等を減じることもできましょうに。(無論これは皮肉です。)


It appears, however, that Nihonseinensha itself may be turning over a new leaf. “Screaming at children is unacceptable,” the group said in a note after I contacted it and requested a comment. “Thank you for pointing it out. We lodged a protest to Zaitokukai’s leader and are now cutting all ties with the group.”

That’s right — even the yakuza are now willing to repudiate Zaitokukai by name.



しかしながら住吉会別働隊たる日本青年社自体は心を入れ替えているのかもしれません。
私(記者)が同社に取材を申し込んだ後の文書回答にて以下のように述べています。

「(在日朝鮮人の)子どもたちへのヘイトスピーチは到底受け入れがたいことだ」
「ヘイトスピーチ団体との関係の御指摘には感謝する。我々は在特会の会長に抗議を申し入れた。そして同会との縁を切るつもりで対処している」


それが正解でしょう。今やヤクザでさえ在特会の名を毛嫌いし喜んで絶縁してしまう事態にあるのです。

Here’s the rub:

Yamatani, who oversees the entire police force of Japan, appears to condone the activities of a hate group that, until recently, had ties to the Sumiyoshi-kai. Her appointment to the post should be questioned and, at the very least, Abe should be held to account for putting her there in the first place.

It’s unfortunate that Yamatani’s past connections to a yakuza-connected hate group have come to light and it’s unfortunate that she has lied to the press about it.

さあ困ったことだ。
日本の警察機構を統括する山谷国家公安委員長は最近まで指定暴力団住吉会に関与していたヘイト集団の活動をろくに取り締まることなく手加減していたようにも思われます。首相が彼女を同職へ任命したことは当然懐疑されて然るべきです。そして首相には任命の説明責任が生じていることは明白といえましょう。

山谷氏が暴力団に関与するヘイト集団との関係が過去にあったことが明るみになったことは国家・国民にとっても大変不幸なことです。加えて同氏が記者団に対してそれについて虚偽を述べたままになっていることも同様に不幸なことに違いありません。

(略)
こちらジャパンタイムズHP
---------------------------------------
私見では日本青年社が在特会を勘当したというのは眉唾話だと思います。指定暴力団系の方々のマスコミへの取材対応をそうそう信じることはできますまい。
このことについては次欄在特会批判・縁切りは芝居か@住吉会別働隊に「所感を記してみました。

※(参)
都知事と在特会協賛団体

★追記(2016/5/10)
石原氏は聖域か@各メディア
[PR]



by antiracist | 2014-10-17 07:24 | えっ、まさかの親在特会議員?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

mail

画像一覧