困った連中

ヘイトの浅知恵

まずは前欄、前々欄にて引用した報道を別の視点でとりあげてみましょう。
--------------------------------
渋谷でもデモ行進、抗議の市民ともみ合い 川崎は中止
(略)
この日は県警の警察官が多数出動したほか、法務省は法施行を知らせる広報活動を実施。川崎市の職員も現地で状況を確認した。

 5日午後には、東京都渋谷区で「共産党を批判する」という名目で数十人が日の丸を掲げ、デモ行進した。川崎のデモと同じサイトで告知されたことから、ヘイトデモに抗議する市民が多数集まり、警官と路上でもみ合う場面もあった。

こちら2016年6月5日19時40分 朝日
--------------------------------

おそらくはきわめて希少な集団にすぎない自分たちの主張が広範な世論に受け入れられないことで、与野党対立等に便乗したてのヘイト遂行と思われますが、世間を知らない連中のネット過大評価病あたりから思いついた浅知恵を露呈しています。

まず、己らの極小勢力に比べて、日本共産党の国会議員数は、衆議院議員21名、参議院議員11名で民進党に次ぐ野党第2党である。また、7人の党員地方自治体首長や約2800人の地方議員を抱えています。
ヘイト対策については同じく草の根的な支持構造を持つ公明党も然りですが、意気込みや一部対処は別としてもまだまだ本気でヘイトに対峙しているとは思えません。様々な事象に忙殺されるのは公党の宿命で、日共とてヘイト対策や実践の不十分性は認識しているはずです。

そこに共産党を叩けば反共の人々からシンパシーがもらえ同時に野蛮なヘイトを政党批判に装うことができるとの目論見なら、同党やその多様な生活の場に存在する支持構造がよりヘイト対策・実践に本気になることにより今や与野党を問わず反ヘイトでは一致する他党群への働き掛けを増進することで、さらなる規制を呼ぶことは日を見るより明らかではないでしょうか。

都知事批判への尻馬乗りもそうですが、もはや世論はそのような糊塗にだまされるような段階でもありません。否、もとより歯牙にもかけてはいますまい。
かつての小沢氏(生活の党)批判やあからさまな創価学会への直接中傷行為等々もヘイトにとっては何の益もなかったどころか、政党を本気で起こらせ自分たちに不都合な立法措置を惹起させた点を鑑みると今回の件の浅知恵性を象徴しているのではないでしょうか。

創価よ、怒れ!(アーカイブ)
[PR]



by antiracist | 2016-06-07 06:30 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧