困った連中

「在特会壊滅への道」

第26回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作入選作に当欄タイトルで示したルポが入賞しました。
同誌公式サイトこちらでご覧ください。

私見では在特会の日本青年社(住吉会母体)への協賛なども言及していれば弱体の分析としてはより効果的であったかと思われます。
在特会の協賛団体

書き手等による仰々しい反対行動についてはその志等は理解できますが、とりたてて実力行使しなくてもヘイト連中の弱体化は世の道理からも必然事項ではなかったでしょうか。
また書き手のカウンター仲間がある時点で入れ墨を隠さなくなったともありますが、それは逆効果にもつながりかねません。動画はありのままに写し出します。不特定のみならず日本青年社を協賛する会の連中に入れ墨を見せ付けることの愚を知るべきだと思ってしまいました。

2016/02/06追記
強硬行動支持の意見も紹介しておきましょう。
【なぜ「カウンター」は強い言葉で差別主義者を批判するのか】
こちら
[PR]



by antiracist | 2016-02-05 21:51 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

mail

画像一覧