困った連中

末恐ろしい「成功した差別」

子供たちの世界で時として意味もなく悪口として使われる差別語は「成功した差別」「意味を知らないから言える。発することで相手をさげすむことは知っている」との識者の指摘もあります。

うちわ話:在日特権を許さない市民の会(在特会)から襲撃を受けた… /香川
(略)
しかし、ヘイトスピーチなどが、使われなくなった差別語を再生させ、子どもたちの言葉に影響を与えることは十分に考えられる。末恐ろしい思いがした。

こちら毎日新聞 2015年11月11日 地方版

近い将来のリンク切れや閲覧字数制限が生じた際は記事の見出しや引用文を検索すれば全文は読めるかもしれません。
[PR]



by antiracist | 2015-11-16 06:50 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

mail

画像一覧