困った連中

在特会批判・縁切りは芝居か@住吉会別働隊

前欄ヤクザが安倍内閣を補完?ジャパンタイムズよりからの続きです。

ジャパンタイムズ記事の一番のポイントは広域指定暴力団住吉会の別働隊とも目される日本青年社による在特会への抗議及び三行半の突きつけでしょうか。ただし同青年社の回答を額面どおり受け取る記者と異なり私は所詮は暴力団関係者の芝居ではないかと疑っております。
日本青年社のHPには現時点まで在特会を批判したりあまつさえ縁切りの記述はいっさいありません。在特会公式サイトの協賛団体一覧画面にも相変わらず日本青年社はリストされています。
在特会による子どもへのヘイトスピーチは2009年ごろからよく知られそのぶん世間から厳しく指摘されてきています。にもかかわらず日本青年社は今になって急に、しかも、外国人記者からの書面の質問に答える形での在特会批判及び絶縁宣言はとってつけたような感もし不自然きわまりありません。

もとより指定暴力団住吉会の類による発言の信憑性はきわめて乏しいのではないでしょうか。だいたい指定暴力団系からの三行半を一番喜ぶのは在特会でしょう。

一般的にいったん暴力団系から何らかの世話を受けた場合、関係を清算することは困難と言われます。しかるにJT記者に答えた今回の棚ボタ式の絶縁宣言は絶縁する側もされる側もイメージの利があることは推して知るべしです。すなわち青年社は何かと評判の悪いヘイト集団と無縁になり、在特会側も「暴力団を協賛指定」の論難をかわすこともできると思っているのでありましょう。
それらのことからも一時的に在特会を擁護する形での八百長批判、八百長勘当である可能性は濃厚であると思われてなりません。
[PR]



by antiracist | 2014-10-17 07:27 | 在特会の協賛団体

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

mail

画像一覧