困った連中

広島市の御回答(2)

前々欄広島市の御回答の続報です。

その後、7月1日付での在特会会長のブログに「広島市緑政課からの回答 」と題した同会副会長からという伝聞情報が掲載されていました。
ttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-11887166108.html

私やHiroshima-actionさんへの御回答との齟齬を感じ、同市同課に念のためまで2日に確認の文言を送付したところ、本日御回答をいただきましたので以下に掲載いたします。
--------------------------------
(略)
1 「まず、彼が言う「修正せずそのまま掲載」(※趣意)ということで文言での御回答と認識していますが、文言御回答ということでよろしいですね?この御回答文言はありのままの文言ですか?口頭の場合もありのままかどうかは同じ質問を致します。」について、次のとおり回答します。

 対応した職員に確認したところ、突然の電話に対する口頭での対応であったため、正確には記憶していませんが、相手方とのやりとりの中で回答した一部であったとのことでした。


2 「そもそも貴市は在特会を暴力団と認識しているのではなく、同会が暴力団直系を公然と協賛団体に指定し続け、機関紙に広告を会名、会長名で掲載したこともある確認情報たる事実などから、暴力団直系協賛者として現状では公園を含む市の施設利用は禁止など制限が必要ではないかとの問いかけに対して過日、質問へ直に答える形で「在特会には許可しない」との御回答をいただいたものと認識していますが、上記在特会への御回答が事実の場合、大変な齟齬を感じています。御説明を願います。」について、次のとおり回答します。

 在特会関係者等から集会等に伴う公園使用の申請があった場合は、許可を行う考えはありません。

 また、本市の公の施設の使用が、暴力団の活動を助長したり、暴力団の利益になると認めるときは、「広島市暴力団排除条例」に基づき、公の施設の使用の制限等(使用の不許可等)を行うこととしております。


3 「あらためて伺います。明確な暴力団直系組織を協賛団体に指定する集団の講演施設等は緑政課が打ち出した(※と思われる)「在特会のような指定暴力団直系組織を公然と協賛しつづけておられる方々には使用を許可しない」と今後とも同じお考えでしょうか?
それとも電話対応された(※課の)課長さんは前言を翻されるのでしょうか?」について、次のとおり回答します。

 本市では、「広島市暴力団排除条例」を定め、本市の公の施設の使用が、暴力団の活動を助長したり、暴力団の利益になると認めるときは、公の施設の使用の制限等(使用の不許可等)を行うこととしております。


4 「もし在特会が発表している緑政課からの御回答が残念ながら事実なら、こちらから言わなくても複数課は私及びhiroshima-actionさんに補足説明メールを出さなければならないものと考えますが、いかがでしょうか?」について、次のとおり回答します。

 前記2のとおり、これまでに回答させて頂いた見解を変更していません。


5 
(略)
※在特会への市の「回答」が文言であったことを前提にした質問でした。「回答」が電話でのやりとりの一部であったことが判明したからにはこの項目の質疑紹介は略します。


6 「市民活動推進課長へは未確認情報(日本青年社構成員ブログによる同会街宣に同社構成員が警備していた事実や昨年8月在特会長が日本青年社総会に招待され出席し同社の並み居る幹部らと友好関係を確認しあったこと)や概して民間でも暴力団及びその周辺者へは取引しないなどの厳しい措置をとられていることなどなどを紹介した上での今回の質問だったわけですが、緑政課をはじめ関連主管課はこのことを認識されていますでしょうか?」について、次のとおり回答します。

 前記3で回答させて頂いたとおりです。


平成26年7月10日
広島市都市整備局緑化推進部緑政課
(略)

※次欄広島市からの御回答(3)へと続きます。
[PR]



by antiracist | 2014-07-10 23:26 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧