困った連中

党史からも断固阻止を!都知事尖閣妄言(1)

その通り!死の商人(4)に続き日本会議代表委員の石原慎太郎都知事関連です。

尖閣諸島を都の財政で買い取るとか東アジアへの挑発的発言で物議をかもしている同都知事ですが、この人は例の青嵐会結成以前から今に至るまで日中友好を敵視している姿勢は相変わらずのようです。
一方、明治以降の間違った脱亜論や軍国主義に悪影響された国民の徹底したアジア蔑視が戦争を引き起こしたことを鑑みた様々な人士・団体による平和・友好へ地道な活動を熟知する公明党の不快感はきわめて当然のことでありましょう。
知事の暴論がまかり通れば公明党などが構築してきたヒューマニズムを基調とした言わばかつての敵国との金の橋は一瞬にしてもろくも崩れ去っていきましょう。まさに「建設は死闘、破壊は一瞬」です。
またこの破壊は現在のみならず将来の日中両国民にとっても重くのしかかってきましょう。

公明党に関していえば党創立者の東アジアとの平和友好の様々な足跡を今こそ強く思いしめたうえで中途半端な妥協は廃して都知事の売名よろしくの目論見の実現を阻止しなければなりません。

「慎重な検討必要」と公明・山口代表
こちら※2012.4.17 (産経)

※次欄「党史からも断固阻止を!都知事尖閣妄言(2)」へと続きます。
[PR]



by antiracist | 2012-04-20 00:07 | 公明実績等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

mail

画像一覧