困った連中

海外進出企業の責務

公序良俗に反する行動等へのシバリは?

日本企業による中国など東アジア諸国への経済進出は、日本側に変な優越感に基づく差別意識や搾取がない限りは相手国にとっても雇用推進を軸に大変歓迎されるものとなりましょう。それだけに進出側には平和・友好の意識が肝要となります。それなくしては共々に繁栄していくことはできません。

例えば日本の製造業で中国に製造子会社を設立したり、日中戦争被害が非常に甚大であった都市へも出店する流通業の場合においても中国人雇用者以上に居住地を問わず日本人社員への教育が重要となってきます。
むろん、社員の私的行動においても所謂ヘイトスピーチ等に代表される人間の尊厳を無視する非人道的な言動、扇動等がある場合は会社側は自社への内外からの誤解誘引を防止するためにも断固とした社員教育を実施しなければならないのではないでしょうか?
それは海外へ進出する企業の責務とも言えましょう。

★追記(2014/11/14)
海外進出企業の責務(2)
[PR]



by antiracist | 2012-04-15 00:00 | 在特会及び関連等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

日本会議支部長の行動
at 2017-12-05 06:51
上告審(最高裁)も在特会に賠..
at 2017-11-30 21:08
川崎市の取り組み
at 2017-11-16 02:57
警察はヘイトに甘いね!
at 2017-11-01 17:03
当然の判決
at 2017-09-26 23:33

mail

画像一覧