困った連中

相談役は有給

九電会長辞任関連を続けます。

4月から松尾新吾九州電力会長(73)は相談役になられるわけですが、同社によると現在、前社長の方が相談役に就いておられて役員報酬つまり有給で就任されています。この方が辞められるわけではありませんので、このままいけば九電の相談役は二人になるようです。

松尾さんは現相談役と異なり大変な不祥事の責任をとって会長から相談役に変わられるのですから現職同様に有給扱いで処遇するのであればあまりにも甘すぎるのではないでしょうか。
翻って松尾さんは自らが無給を宣言することはできないのでしょうか?4月以降もこのまま報酬を取り続けるのであれば何とも鉄面皮、平たく言えば、あつかましい限りだと思います。

九電は同氏をどうしてもこの老人を社から追放できないのであればせめて、なぜ会長を辞任せざるをえなかったかの背景を鑑みて最低限、無給扱いにすべきでありましょう。
それともやはり独裁体制にてそれは無理な話でしょうか?その場合、松尾院政の懸念はぬぐいきれないものと考えざるをえません。

★2013年2月6日追記
値上げと相談役報酬
[PR]



by antiracist | 2012-01-14 00:00 | 日本会議福岡会長等

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧