困った連中

神戸市はこれも毅然と対処すべし

今月5日付神戸市当局の毅然たる対応からの続きです。

Wikipedeiaの在特会の記述画面中で現時点で「沿革」の平成23年の最後項目に何者かが以下の記述を書いています。
---------------------------------------------------
・平成23年(2011年)12月28日 - 街宣を終えた後に神戸市役所を訪れた川東大了副会長に職員らしき人物が体当たりをしてはじき飛ばされた。翌日に病院で診察を受けた所、「左手関節捻挫」と診断され暴行・傷害事件となった[16]。
こちら
---------------------------------------------------
この画面自体、全体的に何やらお手盛りといった感も否めないような気もしますが、それはともかくも、本当に神戸市職員さんによる在特会幹部への暴行・傷害事件があったのかどうかは私は上記5日付既述のように懐疑的です。また、同市も治療費の支払いは拒否されているとも仄聞です。加えて兵庫県警が被害届けを受理したとも聞いていません。(同届け自体、本当にあったのでしょうか?)

「暴行・傷害事件」が実際は言いがかり或いは刷り込みの様相が強い場合、Wikipediaの利用頻度を鑑みると神戸市役所はこの記述を放置すべきではないものと考えます。同市当局は市民・国民との信頼関係維持を図らなければなりません。
もとより個人が修正等の編集をしても元に戻す再編集のいたちごっこでありましょう。同市当局はWekipedeiaに対して事情を説明して強く対処をお願いすることも視野にいれるべきではないでしょうか?

※2012年1月18日追記
神戸市役所、当然の退去命令
[PR]



by antiracist | 2012-01-12 00:20 | 動画配信が主目的?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

mail

画像一覧