困った連中

録音録画の不許可は当然!

件の在特会副会長兼任大阪支部長氏は
大東市教育委員会へGo!Go! by 川東大了
http://team-kansai.sakura.ne.jp/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=318
の予告通り19日、同市市教委を訪問されたようです。
ただし昨日付の在特会公式HPによると同市教委当局に録音録画を断られたので「懇談」は出来なかったようですね。
http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/index.php?p=372

まずは毅然と録音・録画を許可されなかった大東市教委に拍手を送りましょう。
同市市教委によると訪問者は計3名。事前にそのうちの一人の方からの当日の録音録画許可への打診に対し、庁舎管理規定に基づき許可できない との御回答を出していたそうです。
それにも限らず当日は録音録画がされた状態で事を進めようとしていたのを市教委職員が発見し録画中止をお願いしたところ納得せずそのまま終了したというのが同市教委側の御見解のようです。

録音録画に関しての押し問答の際、同市教委に対しも例によって公務員の肖像権の非存在を主張されたようですが、大東市市教委はそれが理由で録音録画を拒否したわけでもありますまい。庁舎管理規定に加えておそらくは以下の2点が拒否の根拠でありましょう・
1.第三者情報が録音されどこに流れるかわからないこと。特にそれが虚偽や勘違いである場合は当該第三者から役所の責任まで問われてしまいます。
2、動画のプロパガンダ等への利用への懸念。

(参)京都市も毅然とした対応へ

それから録音録画ができないから「懇談」できないというのも勝手な理屈ではないでしょうか。別に録音しなくても意見交換は可能なはずです。撮影も通常の静止画ならいくらでも許可はされましょう。
やはり市教委訪問の目的は「懇談」や話し合い等ではなく動画配信であることは明らかではないでしょうか?

※翌日付「枚方市も撮影拒否に方針転換!」へと続きます。

※2011年12月27日追記
大東市の毅然たる姿勢に拍手!
※2012年1月11日追記
例外特権はNG!庁舎内録音録画
[PR]



by antiracist | 2011-12-21 00:03 | 動画配信が主目的?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

mail

画像一覧