困った連中

京都市も毅然とした対応へ

京都府警の毅然たる対応からの続きです。

先月の京都市役所の対応は正式な画像で御参照。話し合いは3人に限定されたうえ動画撮影は厳禁と毅然たる態度を連中に示したようです。
連中は話し合いを自ら拒否し犬の遠吠えよろしくの罵倒をくりかえすまさに愚劣な喜劇を演じています。

>10月5日 京都市役所コンプライアンス推進課訪問
http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=547
①と⑥のみでよろしかろうでしょう。
他の行政当局におかれましても在特会や主権回復をめざす会等の動画撮影等については以下の既述の2つの理由で厳禁されることが望まれましょう.
---------------------------------------------------
当局の許可なき撮影・配信は以下の2点で問題が発生します。
1.特定集団のプロパガンダ目的での番組制作に行政当局が利用されてはならないということ。
2.会話の中で出てくる第三者のプライバシーの問題が発生。 内容が事実であれ虚偽・誇張であれ当局がプライバシー等の不特定への流出に加担したとの誤解も招きかねません。
京都法務局の毅然たる対応
---------------------------------------------------
それにしても連中はなぜ公務員にはこうも特に高圧的なのでしょうか?公務員は職務上、穏健な対応をせざる得ないからでしょうか?(苦笑)

※2011年11月26日追記
動画販売ですか
※同年12月21日追記
録音録画の不許可は当然!
※2012年2月19日追記
「京都市役所」はあてつけ?
※2012年3月13日追記
門前払いのすすめ
[PR]



by antiracist | 2011-11-08 00:12 | 動画配信が主目的?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新の記事

mail

画像一覧