困った連中

「チーム関西」活動家と日本会議(1)

昨日の「日本会議で右派活動どころでないでしょうに@九電会長」および2011-09-15付創価よ、怒れ!(10)烏合の共闘?からの続きです。

やらせメール事件で強く責任が問われている最中の九電会長が昨日会長就任記念大会をしたとかいう日本会議福岡といえば、在特会と深い関係を持つ「チーム関西」の活動家メンバーの方が副会長として積極的に関わっている「シルクロード某」の会長の講演会をこの5月同会議主催で行っていますね。
日本会議福岡 第11回憲法講演会http://junta21.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_0fbe.html

日本会議がチーム関西の行状や裁判を知らないとはよもや言わせません。
在特会某県支部長が日本会議の某地域支部長を兼ねていることといい、このことといい,、水面上に出ているものだけでも同会議を支える勢力にどんな方々が入っているかということは明白ではないでしょうか。まして同会議の指針やこれまでの活動状況を鑑みれば、本音の部分は反公明・反創価は明らかですね。系列議員らが公明党から選挙支援をもらっている手前あからさまに言わないだけなのでありましょう。ただし、欺瞞は隠しきれるものでもありますまい。連中の本音はこのように折に触れて他団体との相関等を通して垣間見ることができるのです。
その多くが公明支援を受けていない日本会議系列地方政治家等の反公明・反創価的な言動を鑑みても同じことが言えます。
況や、在特会やチャンネル桜等がそれら公明党勢力に対して刷り込む恥ずべきネガティブ街宣等を鑑みれば同党が国・地方を問わず同会議系列の候補者を支援するという事は理不尽にもほどがあります。同党はお人よしの極致と言われないように選挙支援に関して同会議系列を排除することは至極自然な発想だということを認識すべきだと思われて仕方ありません。

※2011年11月3日追記
「チーム関西」活動家と日本会議(2)
[PR]



by antiracist | 2011-10-17 00:00 | 創価よ、怒れ!

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

mail

画像一覧