困った連中

甘い認識(1)遠山清彦衆議院議員(公明)

名目はともかく実質上は日本会議等の民間団体が尻馬に乗っていると思われる決起大会よろしくの記念式典に公明党の遠山清彦衆議院議員が参加していたことは、現状での同党の同会議に対する甘い認識を象徴しているのかもしれません。

[石垣現地レポート]尖閣諸島開拓の日記念式典が盛大に開催さる!

http://www.nipponkaigi.org/activity/archives/1967

たとえタテマエは石垣市が主催であっても、実質どこが宣揚しているかを鑑みれば遠山氏は出席すべきではありませんでした。
ただやみくもに領土について両国がいがみあう姿勢であるなら公明党の政策や理念に合致しないのではないでしょうか?日本会議の主義・主張がどういうものでどんな連中が主導・構成しているかを遠山氏が知らないわけでもありますまい。また例えば同会議と、公明党本部やその周辺あるいは支援団体へのいやがらせ的な街宣や刷り込みをして憚らない連中等とのつながりは御存知なのでしょうか?それらは現在でもネット動画を通して連日閲覧可能な状態であることも御存知なのでしょうか?両信濃町を誹謗中傷するその他の集団や個人との関連性については?

公明政治家としての日本会議が強く推す式典出席には遠山氏もさすがに内心引っかかるところがあるのか、自己のHPにて弁明めいた文章を述べておられます。
「日本会議」と一致するもの
沖縄県民大会に参加 

こちら
しかしこの文章では私が当ブログ当カテゴリにて指摘している問題はなんら解決していません。またタイトルとは裏腹になぜ同会議の色彩が色濃く反映している記念式典に出席したのかは全く曖昧です。公明党の理念や政策との整合性についても言及しているとは思えません。また、9万人も集まったという4月25日の読谷村での普天間基地の県外・国外移設を求める沖縄県民集会と、300人集まった日本会議主導と思われる記念式典が明確に区別されて書かれていないのも気にはなるところです。両者は趣旨も方法論も水と油の如くまったく違い、前者が後者式典と一致するというのであれば不可解にもほどがあり、また同会議等の排外的気勢が遠山氏や公明党の思想と一致する部分があるとも到底思われず、畢竟この文章は遠山氏の同会議主導した式典参加への言い訳にすらなっていません。

無論、私が言うところの「困った連中」とは公明党や遠山氏などの同党議員ではなく、彼らをあつかましくも利用しようとしている勢力です。公明党は現状の矛盾を速やかに掌握のうえ全党的に日本会議やその賛同勢力との決別を促進していかなければなりません。

※2011年9月22日追記
甘い認識(2)政府の出席拒否は当然
※2012年4月5日追記
日本会議の本質を知れ@公明党
[PR]



by antiracist | 2011-09-21 00:00 | 創価よ、怒れ!

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧