困った連中

京都法務局の毅然たる対応

★日順一覧画面の場合、タイトルを押していただければ引用部以外の斜字は通常の字体で読めます。

無許可撮影等を続けます。

京都の法務局の人権擁護部局の方も無許可撮影・録画については毅然たる対応をされています。
同局によると、最初に対応していた職員が途中で連中の録画録音に気づき、「撮影するんやったら話し合いには応じられません」と毅然たる態度に出られたそうです。

⑥ http://www.nicovideo.jp/watch/sm14748410
⑦ http://www.nicovideo.jp/watch/sm14749749

⑦のほうを見れば最初のほうのやりとりで同法務局は撮影・録画不許可の姿勢を貫かれたことがわかります。
この欄から御覧になった読者のために前欄の一部を以下に再掲しておきましょう。
---------------------------------------------------
当局の許可なき撮影・配信は以下の2点で問題が発生します。
1.特定集団のプロパガンダ目的での番組制作に行政当局が利用されてはならないということ。
2.会話の中で出てくる第三者のプライバシーの問題が発生。 当局がプライバシーの不特定への開陳に加担したとの誤解も招きかねません。

---------------------------------------------------
法務局の撮影拒否はいたって当然の事と思われます。それもわからずグタグタ文句を言っている連中へはただ冷笑と憐憫あるのみでよろしいかと思われます。

※明日は京都府警の毅然たる対応を予定しております。

※2011年11月8日追記
京都市も毅然とした対応へ
※2012年3月10日追記
面談条件の監視を!長崎県教委
[PR]



by antiracist | 2011-08-31 00:16 | 動画配信が主目的?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

mail

画像一覧