困った連中

公園内許可団体へ罵詈雑言

★日順一覧画面の場合、タイトルを押していただければ引用部以外の斜字は通常の字体で読めます。

この会の偽名の会長は今月5日頃、広島市平和記念公園内で市当局から活動の許可を正式にとって活動していた日本山妙法寺の方々に対して公道からマイクで聞くに堪えない罵声を発しています。むろん、このことは広島市も具に掌握されています。

そもそも在特会は平和公園外の公道での街宣を広島中央署から受けているだけで日本山妙法寺のように正式に公園内での集会等の許可を受けているわけではありません。
やはり無許可@平和公園内等御参照。

会のトップが自分達の公園内無許可活動を主導していたようですが、彼はあろうことか正式許可を受けている方々に罵詈雑言を浴びせていたということです。浅ましいことこのうえありません。
今回、暴言を受けた日本山妙法寺の御僧侶の方々にとっての宗祖の金言にちなんでこの偽名会長を以下に揶揄しましょう。

「蛍火が日月をわらひ 蟻塚が華山を下し 井江が河海をあなづり 烏鵲が鸞鳳を
わらふなるべしわらふなるべし。 」
※崋山(屈指の名山) ※井江(井戸や小川の小さな流れが)※烏鵲(カラスに似たカササギ)


これも因果応報でしょうか(笑)まさに正鵠を得ていますね。
ただし公道街宣を許可した警察は今後はかかる蛮行には厳しく対処していかねばなりません。広島県警に限らず改善される見込みがない場合は今後は連中の街宣は許可すべきではありません。

※2011年10月2日追記
警察の醜態(2)
※2012年7月31日追記
届出なし@番組制作
※2012年8月4日
また無許可で番組撮影
[PR]



by antiracist | 2011-08-27 00:06 | 警察はヘイトのガードマン?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧

検索

mail

画像一覧