困った連中

知事の戯言を質せ@朝鮮人虐殺追悼文拒否

自然災害と人為被害の違いは分かりましょうね@小池都知事(前欄)からの続きです
---------------------------

虐殺追悼文 疑問多い都知事の判断


国の防災会議の資料では、虐殺された朝鮮人らは震災全体の死者10万5千人余のうち「1〜数%」とされていた。6千余名はとっぴな数字ではない。
大事なのは罪のない人びとが殺された事実を直視し、反省を次代に伝えることだ。数字の正確さを問うことではない。
地震など非常時には心の奥深くに潜むゆがんだ意識が表に出てくるのかもしれない。今でも、外国人が井戸に毒を投げ込むといったうわさが流れたりする。間違いを繰り返さないためにも、過去を見詰め続けなければならない。
こちら(9月1日)信濃毎日新聞(抜粋)
※記事全文についてはリンク切れ後はタイトル検索などでご覧ください。
---------------------------
むろん社説記事にはくだんの日本会議地方議員連盟所属にして臆面なく在特会系の集会に参加しエールを送っていたという古賀俊昭都議(自民)による虐殺被害者数への疑義を述べた今年3月の都議会での知事との質疑も言及しています。
歴史的事実を受けてのあるべき姿勢の是非については論をまちません。とにかく歴史を改ざんしたいヘイトやそのシンパの珍説について付和雷同した都知事の見識や歴史、人道・国際感覚さえも問われてきましょう。知事は件の右派都議からの質問に対しては、主体的に判断し対処するとの趣意で答弁しているわけですが、その結果がこれですか。
歴史・人道感覚の希薄さは無論のこと、英語ができるから、アラビア語ができるから国際感覚があるとは限りません。

加えて知事は日本人でも朝鮮人に顔や名前が似ているということで公式統計だけでも58名の方々が自警団に殺されたこともご存じないのでしょうか。実態はそんなものではなく障碍者や地方出身者を含めさらに多くの方々が殺されたことは諸状況からも疑いありますまい。
加えて朝鮮人のみならず中国人やアメリカ、イギリス人らも殺傷されたことも忘れてはなりません。

朝鮮人に間違えられて殺されかけた千田是也氏の証言 こちら
---------------------------
以下は別ソースよりの引用です。

「このさわぎで、つみのない朝鮮人がころされたり、日本人でも、朝鮮人ににているために、ころされた者もあった。
そこで政府は、三日になって、関東全域にわたって戒厳令をしいた。これは警察のほかに、軍隊にたのんで、戦時と同じとりしまりをやらせることだった」
和歌森太郎著ジュニア版日本歴史 第13巻(戦争への道)集英社

■丹念な調査で異常な実態を解明
 作家の細田民樹は、下谷浅草で、「17、8」の少年が殴打されている姿を書き、どう見てもその少年は「不逞(ふてい)の徒とは思わなかった」と述懐する。19歳の千田是也(これや)(演出家)は、自宅近くの警備に狩りだされるが、朝鮮人と間違われて殴り殺されそうになる。「日本人も含めた罪のない人々がいったい何人殺されたのだろう」とも書く。画家の竹久夢二の当時の目撃談は検閲を受けて×の伏せ字が2行以上も続いている。
こちら

[PR]



# by antiracist | 2017-09-03 17:39 | えっ、まさかの親在特会議員?

自然災害と人為被害の違いは分かりましょうね@小池都知事

by 深海」御発信

石原元都知事さえ送っていた「関東大震災の朝鮮人虐殺」への追悼文 ...

御参照

今回の都知事追悼文送付拒絶の直接のきっかけともいう2016年3月の都議会一般質問で追悼の辞の発信へ実質上凍結を求めた古賀俊昭都議等については当ブログでも言及しています。まだ御存知ない読者様におかれては同都議名や日本会議地方議員連盟などの関連語句での当ブログ内検索をお奨めしたいところです。

参考(古賀俊昭でのブログ内検索結果一覧)
こちら

外部リンクNAVER まとめ)には2017年8月26日更新の御発信として以下のようなものもありました。
----------------------------------------
自民党・古賀俊昭都議会議員がヘイト団体のデモに参加し挨拶もした模様
----------------------------------------
(参)

ともあれ、自然災害と人為被害を同一して対処する小池都知事の基本的な定見が問われてくる事態になっているのではないでしょうか?
朝鮮人代虐殺についての古賀俊明都議の取るに足りないような意見を知事が受け入れなくても現在の強固な人気は変わりありますまい。しかるに知事はごく自然に、言い換えれば確信犯的に受け入れました。ということはもとより彼女自身が同都議や在特会系と同じ思考の持ち主であることを今回の追悼文拒絶は如実に示しているものとも思われます。俗に言うと馬脚の一部が露呈したとでも申しましょうか。
都知事になる前までの小池氏と、在特会や幸福実現党との関係は
在特会等との過去の関連( 2016-7-27 )にて言及しています。
[PR]



# by antiracist | 2017-08-26 22:59 | えっ、まさかの親在特会議員?

控訴審も在特会に賠償命令

在特会に賠償を命じる判決@大阪地裁
の続報です。
--------------------------------------------
ヘイトスピーチ訴訟、2審も在特会に賠償命令

ヘイトスピーチ(憎悪表現)で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵リシネさん(45)が、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに550万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は19日、在特会などに77万円の支払いを命じた1審判決を支持し、双方の控訴を棄却した。

読売新聞 2017年06月19日 15時35分 (抜粋引用)

<大阪高裁>「人種差別と女性差別との複合差別」在特会敗訴

、77万円の支払いを命じた1審・大阪地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。その上で、人種差別を認めた1審から踏み込み、「人種差別と女性差別との複合差別に当たる」と認定した。
原告側弁護士によると、複数の差別が結びつく「複合差別」を認めた判決は初めて。
https://mainichi.jp/articles/20170620/k00/00m/040/042000c
毎日新聞 6月19日(月)19時28分 (同)
★リンクがうまく入れない場合はURL(http・・)を貼り付けて御閲覧くださいませ。

--------------------------------------------

ただしヘイトに対する訴訟での対抗の実効力についての指摘もあります。
むろんそれでも李信恵さんが裁判を闘われた意義が重要であることはいうまでもありません。

>実質的に慰謝料は手にできない。ヘイトスピーチ被害に「訴訟で対抗せよ」がいかに非現実的かということ。
>しかしそれでも李信恵さんがこの裁判を闘ったのは、個人に対するヘイトスピーチ被害を裁判所が不法行為と認定する判例をつくるためにほかならない。
http://twitter.com/cracjp/status/876697796778139648
★リンクがうまく入れない場合はURL(http・・)を貼り付けて御閲覧くださいませ。

それから在日韓国・朝鮮人の方々へのあるいは被差別部落の方々への差別はともすれば民族差別や同和差別に限定されて考えられる傾向がありますが、本件で複合差別が認定されたことは意義深いことではないでしょうか。
脚光があたらなかった差別あるいは世間が持つゆがんだ固定観念から改善があきらめられていた差別等にも本差別に併せて光が当てられたことは数歩の前進ではありましょう。否、場合によっては、人によってはこのような差別こそが副次的差別なのではなく本差別なのかもしれません。

それにしても被告側は最高裁に上告ですか。かりそめにもパフォーマンスとしての上告が検証結果として認定された場合は、上告審は上告棄却など毅然とした行動をとるべきではないでしょうか?

[PR]



# by antiracist | 2017-06-19 17:59 | 在特会及び関連等

敗訴確定@稲田防衛相

二審も敗訴@稲田防衛相の続報です


稲田朋美防衛相、「在特会と蜜月」と報じられた記事の訴訟で敗訴確定
こちらハイフォンポスト2017年06月01日 20時49分


稲田防衛相は現役閣僚として判決確定を受け何らかの弁明あるいは謝罪をしなければならないのではないでしょうか。
年齢、性別、国籍等を問わず在特会から迷惑行為を受けた人々の存在を鑑みるとよもや開き直りや頬かむりを決め込むのであれば公人としてのみならず人間的にも許されないことだと思います。


[PR]



# by antiracist | 2017-06-02 02:06 | えっ、まさかの親在特会議員?

さもありなん(2)「日本会議運営委員」のヘイト指向

さもありなん@「日本会議運営委員」の続報です。

その後の報道です。
---------------------------------------------------
森友学園
ヘイト被害の深層 籠池理事長と右派市民団体の不可解な点と線=安田浩一

こちら2017年3月14日Texts by サンデー毎日

全部閲覧できない場合は念のため「三羽の雀」よりこちらからのリンク
森友学園:ヘイト被害の深層 籠池理事長と右派市民団体の不可解な点と線=安田浩一(※毎日新聞のロゴのすぐ上)
から入れば全読可能かもしれません。
[PR]



# by antiracist | 2017-03-17 00:53 | 日本会議関連

不自然な神道非宗教説の開示

渦中の「瑞穂の國記念小學院」HPです。
以下引用抜粋

日本で初めてで唯一の神道の小学校です。キリスト教や仏教の学校は日本には沢山ありますが、神道の小学校はありません。
神道は宗教ではありません。


こちら

※以下2017年3月16日追記分
その後、画面を削除したようですので当該文言が見られるサイトへのリンクを貼っておきます。
こちら
※追記分は以上です。

お分かりですね。国法では神道も仏教やキリスト教等と同様に見なし税法上の優遇を含め然るべき対処をしています。
また非宗教説の開陳は甚だしい私見であるばかりではなく神道を冒涜しているのではないでしょうか。私立小学校創立の認可を所轄する大阪府当局はこの問題についても事態を重視して対処していかなければなりません。

加えて、この不自然な開示には何か裏があるのではないかといぶかしがるのははたして私だけでしょうか。利害関係に基ずいたある種の顧慮の所産かもしれません。
[PR]



# by antiracist | 2017-03-09 15:46 | 日本会議関連

愚弄された公明党京都府本部

卑劣!自宅街宣等の関連です。※同画面からの関連リンクも御参照

自らの選挙(参院京都府地方区)にて公明党から選挙協力で大量と思われる票を獲得している自民党の西田昌司参議院議員(日本会議国会議員懇談会メンバー)は最近、在特会の会長と仲良く収まった写真をご自身のサイトに掲載されています。
以下「三羽の雀」からの発信です。
こちら
こちら
こちら

在特会は今までの行動を猛省しているわけではありませんし、迷惑をかけた数々の相手方に謝罪をしているわけでもありません。それどころかヘイト行動をやめることなく、まっとうな批判に対しても開き直り続けているのではないでしょうか。
西田議員は自らが大変世話になっている公明党及びその支援団体がヘイトスピーチからの多大な被害者であることを知らぬふりでもしているのでしょうか。
また公明党及び同党京都府本部は西田氏の背信行為として事態を深刻に受け止めなければなりませんん。
今回の出来事はそもそも日本会議系議員への同党の選挙協力自体の非整合性を象徴しているのかもしれません。

カテゴリ:日本会議関連
[PR]



# by antiracist | 2017-03-09 03:33 | 創価よ、怒れ!

さもありなん「日本会議運営委員」のヘイト指向

連日、国会や報道を賑わせています。

大阪の国有地売却問題(アーカイブ)
こちら※朝日新聞
森友学園が要望後、私立小の設置基準緩和 大阪府
こちら2017年2月28日15時32分※同

渦中の学園理事長はどうやら日本会議大阪の幹部ですね。
----------------------------------------
国有地を激安不正取得、日本会議幹部の経営する「安倍晋三記念小学校」は安倍首相も了承ずみだった! 文春、新潮も追及
(略)
既報の通り、籠池理事長は憲法改正などで安倍政権と二人三脚の関係にある極右団体・日本会議の大阪支部役員だ。

こちら2017.02.17※リテラ
---------------------------------------
同理事長が日本会議大阪を運営する幹部であることは他ソースでも目白押しです。
同会議HPもそれを前提に発信しておられます。以下当該部分の引用です。
---------------------------------------
掲載記事の事実誤認について (週刊文春 宛て)

『週刊文春』二月二三日号の「国有地を一〇分の一で払い下げ 安倍晋三学校 校長の政界人脈」(一三七~一三八頁)と題した記事の中で、自民党関係者へのインタビューとして、〈籠池氏が「日本会議」大阪代表を長年務めている〉という記述がありますが、同氏は本会の「運営委員」として名前は連ねておりますが、「代表」ではありません。日本会議大阪の役職を持つことをもって、日本会議大阪が、森友学園の土地取得に係わっているかの印象を読者に与えるもので、事実に基づかない記述で記事を掲載することは到底、容認できるものではありません。

こちら日本会議HP 平成29年02月21日より
---------------------------------------

そして籠池氏は元在特会幹部が主宰すると思われる以下のような活動にも名前を連ねています。

「日教組の違法行為を監視し究明する市民の会」
こちら
一般参加者の大阪府の項目に表記されている「籠池靖憲」は籠池泰典理事長と同一人物とも思われます。これについては
「籠池泰典の経歴やプロフィール!森友学園の評判や右翼がヤバかった 」
こちらより「籠池泰典のプロフィールと経歴」御参照

それにしても「日教組の違法行為を監視し究明する市民の会」の画面にみられる代表代行、代表委員、そして一般参加者の東京都、茨城県、大阪府、京都府あたりに御注目ください。在特会やその類が関与した事件や行動にてよく目にする名前が目立ちます。
東京都の項目ではくだんの元在特会長や前欄にて言及した元事務局長、そして現執行役員(広報局長)はそれぞれ桜井、桜、米田といった非実名で名を連ねていますね。

この理事長が経営する幼稚園の中国や韓国への所謂ヘイト指向がいろいろ報じられてもいますが、畢竟、さもありなんといったところでしょうか。

「塚本幼稚園、保護者にヘイト文書 「民族差別の疑い」大阪府が調査」
こちら更新: 2017年02月18日 16時45分 JST ハフィントンポスト

※2017年3月17日追記
さもありなん(2)「日本会議運営委員」のヘイト指向
[PR]



# by antiracist | 2017-03-01 02:20 | 日本会議関連

産経新聞の矜持は?在特会元事務局長の行動連載記事所感

判決@最高裁(在特会への賠償命令が確定)からの続きです。
一部再掲しましょう。

予想通りの分別ある裁定結果です。
事件のきっかけとなった産経新聞の朝鮮学校支援にからむ誤報めいた記事であることを鑑みると同紙は猛省が要されるところですが、実際は現在に至るまでも元在特会事務局長のタカ派行動をメインとした記事を連載する姿勢をみるにつけても報道する側の矜持が疑われても仕方ありますまい。
再掲以上

そして昨日も産経新聞には連載記事がありました。
-----------------------------------------------
2017.1.21 01:00
【山本優美子のなでしこアクション(9)】
慰安婦問題が「日米韓間での深刻な外交問題」であることはもう明らかです
                        (1/3ページ)

こちら
-----------------------------------------------

連載はこれで9回目に及ぶようですが、産経新聞の在特会元事務局長へのすごい肩入れと言えましょう。

くだんの元事務局長については、最近、「日本会議の研究」を世に出され在特会をはじめとした世に言うヘイトと呼ばれる集団に詳しいジャーナリスト菅野完氏が
こちら画面前段の小見出し
海外活動とメディア戦略の顔となっている山本優美子氏
以下にて指摘されています。

また、山本優美子氏が「さくら優美子」の名で在特会事務局長として過去に活動していたことは以下のサイト画面等でも確実なことと思われます。
こちら
他の検索結果を総合して鑑みても同様のことが言えましょう。
それにしてもテレビ番組『そこまで言って委員会NP」にまで出ていたとは驚きです。ただし私の知る限りでは連載を続ける産経新聞とは異なり、同番組(読売テレビ)には元事務局長はその後は出演していないものと思われます。

むろん、時系列にかかわらず個人の活動、言論、所属そして説明責任や釈明遂行の有無等は自由です。問題は産経という大新聞の連載記事の人選等に違和感を禁じえないということです。

在特会の元事務局長の行動を中心とした連載記事をのぜる産経新聞の矜持は一体どうなっているのでしょうか?同紙は徳島事件(※冒頭リンク御参照)発端と自社記事との関わりやその時点で山本氏が事務局長に就任されていたかどうかについてどう認識されたうえでこの連載を続けているのでしょうか?

加えて産経新聞は、元事務局長がはたして在特会最高幹部の一人として未成年を含めたいわゆるヘイト対象各位に道義的謝罪を表明したうえ同会を批判し且つ同会からの脱会等を世に表明されているのかどうかを連載文責の立場からしっかり確認された上での人選なのでしょうか?

ちなみに: 2012-01-18 に在特会HPに掲載された「執行役員の人事について」によると事務局長(当時)は退任後は「今後は一会員として出来る範囲で会の活動に参加したい旨」を同会に述べた上で会員へのメッセージとして、会の今後の発展と 、各支部・運営・会員の皆様の更なるご活躍を祈念するとの意を開陳されています。詳細は同会画面
http://www.zaitokukai.info/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=45
(※保管済み)を御参照

産経新聞がどこまで上記の経緯などを認識されているかは定かではありません。

※参考
「なでしこアクション」の設立の経緯
こちら
[PR]



# by antiracist | 2017-01-22 17:30 | 在特会及び関連等

ヘイトを守る警察はいらない!

このたび下記の事態を知り、当ブログのカテゴリ名を従来までの「公安(警察)の姿勢」から「警察はヘイトのガードマン?」と改めさせていただきました。

今回の神奈川県警中原警察暑の反ヘイトデモに参加された学生への暴挙は、国籍等に限らず皆の生命や財産を守るべく日夜、全国津々浦々にて奮闘されている信頼すべき大変多くの警察官の方々の顔に泥を塗る行為ではないでしょうか?
本当に学生の行為がパソコンやスマホまで持ち出すなど別件狙いも含め家宅捜索が要されるのであればその事由を世間に公表すべきです。ただし、それをしたとて説得力はなきに等しいであろうからこのような有無を言わさずの強権的な措置を発動したのではないですか?

所詮はこの程度の国のこの程度の警察なのでしょうか?
そうは思いたくありません。同暑は猛省の上、即刻、捜索に名を借りた威圧行為、ヘイトに与する行為を中止すべきです。
-------------------------------------------------------------
川崎反ヘイト学生救援会 ‏@NO_HateKawasaki 12月9日
【拡散希望】
《神奈川県警中原警察署への緊急抗議行動のお知らせ》
12日12日(月曜日)18:30 東急武蔵小杉駅南口そば「こすぎコアパーク」集合。
集合したあと、全員で中原署前に移動して抗議を行います。
ヘイトスピーチに反対してきた学生への不当な呼び出しや捜索などに抗議します。

こちら
[PR]



# by antiracist | 2016-12-11 07:46 | 警察はヘイトのガードマン?

連中の主張内容とやらについては取り合う必要もありますまい。
by antiracist
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

mail

画像一覧